一般事務の志望動機・面接

おもな志望動機

一般事務として働いている人の志望動機として多いのは、もともと事務職に興味があったというものです。

営業のように現場の最前線でバリバリ働くよりも、オフィスワークで人のサポート役に徹するほうが向いているということから、前向きな理由でこの仕事を目指す人がたくさんいます。

また、ルーティンワークが中心となる一般事務は、一部の職場を除けば、そこまで長時間の残業が発生しにくい職種です。

そのため、「プライベートの時間をしっかりと確保したい」「管理職への昇進や大きなキャリアップは望んでいないので、落ち着いて仕事がしたい」といった理由から、この仕事を志す人もいます。

実際、派遣社員やパート・アルバイトといった正社員以外の雇用形態で働き、育児と仕事を上手に両立させている人も少なくありません。

さまざまな志望動機がありますが、事務職という仕事柄、コツコツと細々とした物事を進めることが好きな人は多いようです。

面接で問われること

一般事務の面接で、そこまで難しいことを問われることはめったにありません。

しかし、大手企業や待遇のよい職場の採用募集には大勢の志望者が殺到することもあるため、面接には気を引き締めて臨むことが大切です。

すでに社会人としての経験がある場合は、前職での職務内容やスキルの確認が主となります。

今後、どのような仕事をしていきたいかについて問われ、その職場での業務内容とのすり合わせが行われることもあります。

学校を出たばかりの人や未経験者であれば、志望動機を中心に、一般事務の仕事に対する熱意や意欲などが問われます。

また、たとえ専門知識やスキルが問われなくても、パソコンをどの程度扱えるかについてはよく確認されます。

一般事務は入社後、他の職種のスタッフと連携をとりながら働くため、コミュニケーション能力も必要とされますが、それはどの仕事に就くにしても基本的には同じです。

明るく元気に、誠実に相手の質問に答えようとする姿勢を見せれば大丈夫でしょう。