インテリアデザイナーの資格、難易度

インテリアデザイナーになるのに資格はいらない?

意外なことに、インテリアデザイナーになるのにマストな資格はありません。

当然、大学や専門学校で学んだだけでは資格が得られるわけでもなく、何も資格を持たぬままインテリアデザイナーになる人も多くいます。

しかし、持っていた方が有利な資格はいくつかあります。下記ではそれらの資格と難易度について記していきましょう。

「インテリアデザイナー」資格

まずは、その名のとおり「インテリアデザイナー」の資格試験ですが、2ヵ月ごとに開催され、合格率は全体の30%ほどです。

日本デザインプランナー協会が運営している民間資格で、インテリアに関する商品知識や販売技術、インテリアデザイナーとしての理解力や表現力が問われます。

受験料は一万円ほどで、送られてきた試験問題を自宅で回答し送付、受験資格も特に設けられていないことから比較的取得しやすい資格となっています。

インテリアデザイナーを志願する人から、現在インテリアや建築関連の企業で働いている人など受験者もさまざまなようです。

「建築士」資格

持っていると「鬼に金棒」というほど心強いのが「建築士」の国家資格で、「一級建築士」、「二級建築士」、「木造建築士」の3種類があります。

資格によって設計・工事監理できる物に違いがありますが、インテリアデザイナーであれば一定規模以下の木造住宅や、鉄筋コンクリート造などの設計、工事監理に従事する「二級建築士」までがあれば十分です。

「二級建築士」の資格は大学や専門学校などで専門の教育を受けていれば、実務なしで受験資格を得ることができますが、合格率も低く、専門の勉強が必要なので簡単に取れる資格ではありません。

それだけに持っていると、建築士との打ち合わせにも自信を持って臨むことができます。

さらに上位資格となる「一級建築士」を得るにはまず「二級建築士」の資格をとり、その後4年以上の実務が必要とされます。

合格できるのも全体の8%から12%ほどとかなり難関な資格です。

この資格を持っていると当然建築士としても活躍できるほど地位のある資格なため、インテリアデザイナーで持っている人はほとんどいません。

建築士の仕事

インテリアコーディネーターの資格

インテリアデザイナーと比較的近い仕事ということもあり、「インテリアコーディネーター」の資格を得る人も多くみられます

試験開催は年に一回、年齢、性別、学歴、職業、実務経験などをいっさい問わず、誰でも受験できるのが特徴です。

一次試験は、インテリア商品と販売の基礎知識、インテリア計画などの「学科試験」、二次試験は、「論文」と「プレゼンテーション」。

合格率は23%から27%とこちらもなかなかの難関ですが、一般的に建築士や、インテリアデザイナーの資格試験よりは難易度も低いといわれています。

インテリア好きな女性たちに人気の資格で、取得比率は女性が70%以上を占めます。

インテリアコーディネーターの仕事

カラーコーディネーター、インテリアプランナーなどの資格もおすすめ

ほかにも関連性のある資格は多くあります。

デザイナーとして働くなら色彩の知識やセンスは必須。「カラーコーディネーター」や「色彩検定」は受験資格に制限がなく、難易度も低めなので仕事や学業の合間に受けるのはおすすめです。

「インテリアプランナー」はインテリアデザイナーと関連性の深い資格ですが、難易度もかなり高めです。

「建築士」と似た試験内容になるため、場合によっては「二級建築士」を受けたほうがいいこともあります。

インテリアデザイナーに関連のある資格、似たような資格はたくさんあるので、どんな資格を取るのが自分に一番適しているのか、よく考えて勉強しましょう。