保健師の仕事内容

保健師の仕事とは?

保健師は、人々が病気になるのを予防し、心身ともに健康な状態で生活ができるよう手助けする仕事です。

「医師」や「看護師」がおもに病気やケガの治療を行うのに対し、保健師は、それらの予防や健康増進をすることを役目としています。

保健師が対象とする相手は、乳児から高齢者までと幅広い世代となっています。

これらの人たちに対して健康診断による疾病の早期発見をすること、そして、このままでは将来的に病気になるであろうと思われる「予備軍」を発見し、適切な食事や生活指導を行うことで、その人が病気になるのを防ぐことが、保健師の重要な仕事のひとつです。

健康相談やアドバイスをすることも

このほか、一般の人々が知らない「健康」に関する知識を広め、必要な場合は医療機関への受診を促すことも保健師の仕事です。

健康診断や予防注射、健康相談、乳幼児の検診など、業務内容は多岐に渡ります。

また、どこか心身に不調を感じている人の「もしかして自分は病気なのでは?」といった悩み、子どもを持つ親御さんの「うちの子は成長が遅いのではないか?」といった健康にまつわる心配事の相談にものります。

年齢や対象者によって、相談内容も指導内容もまったく変わってくるため、医学や健康にまつわる幅広い知識と広い視野が求められます。

こうしたことから、保健師になるためにはまず看護師の資格を取得したうえで、保健師の国家資格に合格する必要があります。

保健師の活躍の場所

保健師の基本的な仕事は、「疾病予防のための手助け」ですが、具体的な仕事内容は勤務先によって違ってきます。

保健師の活躍の場は、大きく3種類に分けることができます。

・地域の保健所や市役所で働く「行政保健師」
・企業の医務室や、健康相談室で働く「産業保健師」
・学校の保健室の養護教諭として働く「学校保健師」

行政保健師

地域の保健所や市役所において、公務員として働きます。

保健師のほとんどがここでの勤務となります。その地域の住民の健康を守る役割を持ち、乳児から老人まで幅広く対応することが求められます。

育児の相談を受けたり、個別に自宅療養している人を訪問したりと、仕事内容は多岐にわたります。

また、公務員としての仕事もあるため、本来の保健師としての仕事以外にも、さまざまな事務処理をこなさなければなりません。

産業保健師

産業医や人事労務の担当者と連携し、その企業の従業員の健康を管理します。

現代社会ではうつ病などを予防するため、各企業でメンタルヘルス対策が重要視されています。身体だけなく、心の健康を予防することも保健師の大事な役割です。

学校保健師

学校に勤務し、生徒と職員の健康を管理します。いわゆる「保健室の先生(養護教諭)」と似た役割となりますが、養護教諭は教員免許が必要であり、保健師とは異なる職業です。

養護教諭の仕事

その他

保健師は「看護師免許」を有することが義務付けられているため、看護師と保健師の資格を生かして病院勤務をすることも可能です。

また、近年は介護ニーズの高まりとともに、介護施設でも保健師の活躍の機会が多くなっています。

就業場所別の保健師数

厚生労働省の調査によると、就業場所別の保健師の人数は、市区町村に勤務する人が最も多く26,528人、次に多いのが保健所の7,467人となっています。
就業所別の保健師数_24

仕事体験談