保健師から養護教諭になるには

保健師養護教諭の違い

保健師のおもな仕事のひとつに、学校保健師の仕事があります。

これは、学校に通う生徒、及び教職員の健康管理を行う仕事です。

子どもたちに、「保健」に対する知識を普及させる、保健師としてとても役割の大きい仕事ですが学校保健法により、保健師の資格だけで「学校保健師」として働けるのは、大学、及び専門学校の保健室のみとなっています。

それ以外、つまり、小・中・高等学校においては、「養護教諭」の資格を有していないと学校保健師として働くことはできません。

これは、学校における保健師の仕事の中に、健康教育や性教育のように、子どもたちに教育する機会が多いからです。

学校保健師の仕事は、大学などに通う学生や教職員の健康管理や健康維持を行うことで、大学などの学校の医務室などに勤務し、体調を崩した人やケガ人の応急処置を行います。

このような業務は、保健室の先生と似たものですが、保健師はそのほかに、学生や教職員のメンタルケアに関する心の問題に寄り添い、適切なアドバイスをすることも仕事です。

対して養護教諭の専門は、あくまで教育です。

子どもの教育や指導方法、発達心理学などについての知識を持ち、それに基づいた教育や業務を行います。

予防医療を行う保健師と養護教諭とは、そもそも専門分野が異なっているといえるでしょう。

養護教諭の仕事

養護教諭とは、保健室の先生のことです。

学生時代、保健室でお世話になった人も多いのではないでしょうか。

保健室での応急処置だけではなく、児童や生徒、学生の健康管理、また学校全体の保健の管理を行なっています。

おもな業務として、ケガや病気の生徒の救急処置、水質検査や空気検査、病気やケガの予防の指導や教育、健康診断の管理、保健室での相談対応などを行います。

養護教諭の免許を取得するためには、1.教育学部看護学部などで養護教諭育成課程を修了する、2.看護学部、看護専門学校で所定の科目を4科目8単位履修し、かつ保健師の免許を取得する、のいずれかが必要です。

採用数が少ないため、採用倍率が高い傾向が続いています。

不登校や心の悩みを抱えた生徒が増えており、学校カウンセラーや保健師、医師などと協力し、心のケアをすることも大切な役割になってきています。

養護教諭になるには

養護教諭になるには、いくつかの方法があります。

養護教諭1種免許を取得するには

1.養護教諭養成課程のある4年制の大学で学ぶ
2.看護師の免許取得後、養護教諭養成施設で半年以上学ぶ
3.保健師の免許取得後、養護教諭養成施設に半年以上学ぶ
4.養護教諭2種免許取得後、一定の経験を積み、その後、養護教諭養成課程のうち所定の20単位以上を取得し、教員職員検定に合格すること

が要件となっています。

一方、養護教諭2種免許を取得するには

1.養護教諭養成過程のある短大、または養成施設で学ぶ。
2.保健師の免許を有し、教育職員免許法で定められた単位を修得する。
3.臨時免許証を取得した後、一定の経験を積み、所定の教育を受ける。

と定められています。

なお、1種免許と2種免許の違いは、教育課程の違いであり、実際の業務においては、1種、2種で違いはありません。

ただ、基本給や、その後の昇給、昇格に差が出てくる場合もあります。

養護教諭の仕事

保健師から養護教諭になるには

養護教諭養成課程のある大学を卒業すれば、看護師や保健師の免許がなくても養護教諭になることはできます。

国家試験に合格している保健師の場合、文部科学省の定める4科目8単位の単位を取得し、各都道府県の教育委員会に申請すれば、養護教諭2種免許の取得が可能です。

養護教諭に大切なことは、児童・生徒に保健に関する正しい知識を普及させることや、学校生活において、身体面、精神面において悩みを持つ子どものより相談相手、理解者であることです。

しかしながら、実際には、怪我をしたり、体調不良を訴える子どものケアという「看護面」の仕事も多くあります。

医療知識の豊富な、看護師、保健師の資格を有する養護教諭は、即戦力となり、子どもや教職員の健康を守る頼れる存在であるといえるでしょう。