産業保健師の仕事内容・なり方・資格

産業保健師の仕事内容

保健師の仕事は、大きく次の3つに分類され、仕事内容や求められるものが異なります。

1.自治体で地域住民の健康維持、増進活動を行う「行政保健師」
2.児童、生徒、及び教職員の健康管理を行う「学校保健師」
3.企業に雇用されている従業員の健康管理を行う「産業保健師」

このうち「産業保健師」は、病院や保健所のように、組織として患者さんを目の前にした医療を扱う場所でなく、企業の中に属する保健医療部門というたち位置で、業務に当たります。

産業保健師とは、おもに民間企業や大学に勤務する保健師のことを指します。

企業や大学に勤める職員の健康改善・維持・促進のための業務を行い、ひとびとの健康を通じて、健全で安全な職場づくりのために活躍します。

近年、働き方改革をはじめ、日本全体として「働き方」に注目が集まっています。

1日の大半を職場で過ごす人が多い時代、職員の健康を通して健やかな職場づくりを担う産業保健師の役割や具体的な仕事内容について、詳しくみてみましょう。

産業保健師とは?

厚生労働省の2018年「労働安全衛生調査(実態調査)」によると、現在の仕事や職業生活に関して、「強いストレスとなっていると感じる事柄がある」と回答した労働者の割合は約60%にものぼっています。

この調査を通じて、働く人の心の健康を守ることの重要性が浮き彫りになると同時に、企業にとっても社会にとっても大きな課題と認識されています。

こうした状況を背景に、民間企業において従業員の健康改善・維持・促進のための活動を行い、健康で安全な職場づくりをするために活躍する「産業保健師」の存在に注目が集まっています。

しかし、産業保健師の数はまだまだ少なく、特に実際に関わった事やお世話になった事のない人も多いため、具体的な仕事内容に関するイメージがしにくく、また周囲の理解も得られにくい職業です。

産業保健師の役割や具体的な仕事内容はどのようなものでしょうか。

産業保健師の仕事

産業保健師の仕事は、企業や大学などの組織で働く職員や従業員の健康の維持増進、管理が主な業務で、勤務場所は企業や大学内に設けられた「保健室」や「医務室」などと呼ばれる居室となることが多いです。

具体的な業務内容は、勤務中に体調不良を訴えた人の看護や怪我をした人の手当て、年に何度か実施される健康診断の実施と、その結果等を踏まえた健康指導といった学校の保健室にいる養護教諭業務に似たものがあります。

それだけではなく、従業員の健康に関する相談に応じることはもちろん、職場の人間関係の悩み、ストレスにも耳を傾け、心身ともに良好な就労ができるようサポートをしていきます。

ときには勤務状況が従業員の健康を損ねていないか、またその傾向がないかといった情報や勤務形態などにも目を配り、企業や組織に対して働く人々のの健康を維持するための提案を行います。

産業保健師に求められるもの

産業保健師に求められるのは、幅広い知識と判断力、そしてヒアリング力及びカウンセリング能力です。

一般的に、企業や大学にある「保健室」には、産業医と呼ばれる常勤の医師がいない所がほとんどです。

そのような組織において、職員や従業員が体調不良や怪我を訴えた場合、適切な処置を行うのが保健師の役割です。

看護師ができる範囲内の手当などの医療行為も業務の範疇であるため、幅広い知識と技術が求められます。

とくに、技術面では、病気の看護、傷の手当てなど、看護師としての経験と技術が生かされる場合が多いといえるでしょう。

企業内の保健室では限界があるため、医療機関を受診すべきかどうかなどといった判断も保健師に任せられます。

不必要な医療機関への受診は、企業にとっては人件費、保険料ともにマイナスになるので、適切な判断が求められます。

また、職員や従業員が心身ともに健康な状態で就労するために、保健師は「相談相手」としての役割も求められており、中にはカウンセラーの資格を取得する保健師もいます。

産業保健師にもとめられるものは、その業種や職種など、企業や組織によって違いますので、実際に産業保健師として働こうとする場合は、企業の特色や仕事内容、その企業において保健師に求められる業務をよく知る必要があります。

産業保健師も組織の中の一人

産業保健師は、その企業や組織に雇用されている職員の一人です。

産業保健師の仕事の「対象者」は、行政保健師と異なり、自分と同じ企業に働いている広い意味で「同僚」です。

また、保健師自身にとっての最大の目的は「健康の維持・増進」ですが、企業の最大の目的は「企業利益」であり、福利厚生や円滑に業務を回すために産業保健師を置くという考え方です。

企業のための従業員の健康管理、産業保健師の雇用であり、従業員の健康管理が結果的に、企業の利益に反映されていくということを忘れてはいけません。

産業保健師の仕事とやりがい

産業保健師の実際の仕事内容を見ていきましょう。

具体的には次のようなものがあります。

まず、看護師的役割としては、
・職場で起きたケガ・病気の治療
・健康診断などの補助

などが挙げられます。

一方、保健師的立場での業務には、
・職員・従業員のメンタルヘルス対策
・休職者や長時間労働者との面接
・職員・従業員に対する保健指導業務
・健康診断結果のデータ整理・分析、企業へのフィードバック

などがおもな業務です。

他にも、職場の過重労働対策、職場視察の同行や安全衛生委員会への出席・提言など、企業や組織内における予防医学の専門家としての業務もあります。

この中でも最近、産業保健師の仕事としてそれぞれの企業が重要視しているのが、従業員に対するメンタルヘルス対策です。

2015年に「労働安全衛生法」の改正があり、従業員が50人以上いる事業所においては、毎年1回ストレスチェックの検査を行うことが義務付けられることになりました。

このストレスチェックとは、ストレスに関する質問票に職員や従業員が記入回答し、それを集計及び分析することで、その人のストレスがどのような状態にあるのかを調べる簡単な検査です。

この検査を通して、職員や従業員のストレス状態を知ることでうつなどのメンタルヘルスの不調を未然に防止したり、職場環境の改善取組みにつなげることを目的としています。

このストレスチェックが行えるのは、医師か保健師など限られた医療有資格者と定められています。

産業保健師として働くには

産業保健師になるには、行政保健師同様、まず保健師になるための保健師国家試験および看護師国家試験への合格が必須です。

保健師免許取得後、通常の就職活動と同様に採用試験を受けることになります。

ただし、保健師の国家試験に合格したとしても、てんぽよく産業保健師になれるケースばかりではありません。

産業保健師を採用し、組織内に常駐させることができる企業や組織は、まだ大手の一部企業に限定されており、求人数が少なく狭き門であることが多いからです。

ひとつの組織や企業において、保健師は一人体制の場合がほとんどでもあるため、求人の絶対数が少ないことだけでなく、欠員補充といった機会もあまりありません。

したがって、産業保健師の求人倍率は高くなっています。

また、採用企業は産業保健師の経験者採用を希望する場合が多いため、新卒者にとってはますます狭き門となっています。

産業保健師を志望する場合は、こまめな求人チェックをしながら情報キャッチに努めることが重要です。