保健師のキャリアパス・結婚後の生活

女性の保健師の現状

保健師や助産師看護師の上位にあたる資格となるため、年収は平均的に看護師を上回っている傾向にあります。

保健師に関しては、公務員である行政保健師よりも産業保健師の方が、より年収が高いデータがあります。

助産師は看護師と同じように夜勤もあるため年収が高くなっていますが、保健師は比較的デスクワークが多く、夜勤がありません。

女性は結婚や出産、子育てや介護などでプライベートの生活が仕事に影響を及ぼすきっかけがいくつもあります。

保健師に限らず、どのような仕事も、このようなタイミングで続けるのが難しくなってしまうことはよくあります。

とくに保健師の場合、就業する多くが女性ということもあり、「子育てと仕事の両立ができるのだろうか?」と心配をする人も少なくないようです。

しかしながら、保健師は職場によっては残業もほとんどないため、比較的規則正しく就業でき、働きやすく家庭を持つ女性も続けやすい環境といえるでしょう。

実際、結婚や出産後も仕事を継続し、両立させている女性保健師は大勢います。

勤務先にもよりますが、子育てしながら働くことは十分に可能でしょう。

女性の保健師の強み・弱み

保健師は女性の割合が高い職種ではありますが、女性保健師の強みとして、女性でなければ対応ができない相談や課題の事象があるという点が挙げられます。

たとえば、産じょく期(赤ちゃんを産んだばかり)のお母さんに対する乳児の育児相談、母乳相談など、男性の保健師ではどうしても対応ができないジャンルです。

また、育児支援や相談なども、男性保健師よりも女性保健師に聞いてもらいたいと考える母親も少なくありません。

女性目線で問題点を見たり、課題の解決に繊細な考え方を取り入れたりといった細やかな対応は、女性保健師ならではの強みであるといえます。

一方、男性保健師にもたくさんならではの良さがあります。

幼児検診などでは頼れるお兄さん的存在となり、子どもたちの人気者になったり、相談者がむしろ男性の意見を求め、男性保健師のアドバイスを求めたりといったことも多いようです。

ほかにも、力仕事や体力面では、やはり女性よりは男性に軍配が上がります。

これらの点は性差というよりも個人の人間力やコミュニケーションスキルにもよる、と考えるのも正しいかもしれません。

保健師の結婚後の働き方・雇用形態

保健師は、公務員としての行政保健師、正社員や派遣社員などとしての産業保健師、また期間限定のパート・アルバイト保健師など、採用種別や働き方もさまざまです。

特に保健師は女性の割合が高く、家庭や育児と仕事を両立させる場合、例えば子どもの急な病気や学校行事など、ときに仕事を行うことがどうしても難しい時も出てきます。

結婚後も、結婚前と同様に正職員や正社員として仕事を続ける選択肢もありますが、派遣やパートなどといった都合に合わせた働き方を選択することも可能です。

夜勤のない保健師は看護師と比べて育児のしやすい労働環境といえるでしょう。

また、保健師の資格はずっと有効であるため、一旦はパートやアルバイトで仕事を続けながら、子育てが落ち着いたら再び正職員に戻るという方法をとることもできます。

仕事を続けたいという意欲がある場合は職場とよく相談し、双方によい方法を探っていくこともできるでしょう。

また、子どもが小さく、長時間保育施設に預けるよりもしばらくは子どもと関わる時間をできるだけ多くとりたいと考える人もいるでしょう。

その場合、正職員ではなく「パート」や「派遣」といった雇用形態を選ぶことで、勤務時間や休日、その他の勤務条件などをある程度ゆとりのあるものに調節しやすくなります。

派遣社員として働く保健師の時間給は時給2000円以上、といった求人も少なくなく、一般事務などの給与待遇と比較すると恵まれているといえます。

結婚後、家庭や子育てと両立させる方法はたくさんあると考えてよいでしょう。

保健師は子育てしながら働ける?

一般的に、男性に比べ、女性は結婚や育児などによる仕事への影響が大きい傾向があります。

近頃女性の社会進出が進み、一昔前に比較して男性も家事や育児に積極的に参加するようにはなりましたが、まだまだ家事育児の中心は女性であることが多く、仕事との両立に関して負担が大きいのは女性のほうであるといえるでしょう。

そうした観点において、女性がフルタイムの仕事と家事や育児を両立させるのはかんたんではありません。

これからもますます家族と協力して仕事をしていく必要性があります。

保健師は女性の割合が高いため、産休や育児休暇が取りやすいことも多く、長く働ける人材を確保するため復帰しやすい環境が整えられていることも少なくありません。

また、産休や育休の人に変わる代理の期間限定の求人なども多いため、状況に応じた働き方や就職先を見つけることも難しくありません。

また、保健師の業務の特性上、病院や保健所などの医療施設との連携が深いことから、子どもの病気やそれらに関連する病院などの情報に長けているのも保健師のメリットといえるでしょう。

保健師は女性が一生働ける仕事?

行政保健師や、企業での産業保健師の場合、夜勤がないため、一般的な会社でデスクワークなどをする人と同様、子育てをしながらでも働きやすいといえるでしょう。

例外もありますが、基本的な勤務日は月曜日から金曜日までの平日で、土曜日と日曜日は休みの週休2日制ですので、家事や子どもと過ごす時間が確保しやすいといえます。

また勤務時間も多くは9時から18時で、比較的残業も少なく、緊急的に対応する必要があるトラブルもほとんどありません。

有給休暇も取得しやすいため、子どもの急病などに対応することも可能です。

また最近では、ワークライフバランスや働き方改革も積極的に意識されるようになり、結婚や出産後も仕事を続けることができるよう、保育所の整備や児童館の設置など社会全体での子育て支援体制は昔と比べて進んできているといえます。

保健師は、人々の健康や精神面の不安など、個人的で重い内容の健康相談を受けることも多々ありますが、命に直接緊急的に関わる仕事ではないので看護師や助産師と比較すると体力的にも精神的にも負担が少ない仕事といえます。

どちらかに偏ることなく家庭やプライベートと両立しながら、やりがいを持って業務にあたりたいと考える女性にとって、一生働くことのできる仕事だといえるでしょう。