保健師の求人・採用状況・就職先の探し方

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

保健師の就職先にはどんなところがある?

保健師の就職先で最も多いのが、市区町村の保健所・保健センターや市役所・区役所などの行政機関です。

長きにわたり、保健師就業者数の半数以上が、こうした行政保健師として勤務している実態があります。

それに続くのが民間企業、そして病院といった順番です。

少数ではありますが、大学など教育機関にも保健師は勤務しています。

また、昨今は介護業界でのニーズも増しており、介護施設や訪問看護ステーションなどでも保健師が活躍することがあります。

保健師は公衆衛生の専門家でありながら、看護師免許も保有する医療従事者でもあります。

本人が何を専門とするかによって、社会福祉施設や国際協力機構、また保健に関連するNGOなど、勤務先の選択肢はさまざま考えられます。

介護施設での需要が高まっている

これまで、保健師の就職先は、自治体(行政)、企業、学校がほとんどでしたが、これからは「介護業界」での活躍も期待されています。

介護施設では、入所者の健康管理、看護、リハビリなどの療養プランの作成、入所者及び家族の健康相談・健康指導、医療機関との連携など、保健師と関連性のある業務もたくさんあります。

高齢化社会がさらに進んでいくなかで、介護施設で働く保健師のニーズはさらに増えていくかもしれません。

保健師の求人の状況

採用人数は少なめ

地域で、企業で、そして学校で、人々の健康を維持するために必要とされる保健師ですが、求人数はそこまで多いわけではありません。

その大きな理由として、メインの職場となる自治体や企業における求人の絶対数が少ないことが挙げられます。

たとえば、看護師の場合、入院患者7人に対し、看護師が1人の割合で配置されるのが理想的とされています。

つまり、50人の入院患者がいる場合、夜勤や休みのスタッフも考慮すると、たいていは1つの病棟に20人以上の看護師が雇用されていることになります。

しかし、保健師の働く職場では、対象とする人数は多いものの、それを担当する保健師は数名である場合がほとんどです。

職場によっては保健師は一人だけということもあり、欠員が出ない限りなかなか新規採用が行われず、狭き門になっている現状が見られます。

離職者もあまり多くない

保健師は、離職者が多くない職業といわれています。

同じ医療職でも、看護師は離職率がやや高めで、結婚・出産を機に仕事を辞めたり、キャリアの途中で転職をしたりする人も多いです。

しかし、保健師は看護師のように夜勤や長時間の残業が基本的にないこともあって、長く働く人が多いです。

また、自治体で働く行政保健師になれば、公務員として安定した待遇が受けられるのも魅力です。

こういったことも、保健師の採用人数があまり多くないひとつの要因になっているといえます。

パート、または派遣保健師として働く方法も

保健師は、正社員としての採用はあまり多くありませんが、「パート」や「派遣」として働くことも可能です。

保健師の仕事は、年間を通じて忙しい時期と、そうでない時期があります。

たとえば、新年度は学校や企業での健康診断、健康指導が一斉に行われる時期であり忙しさがピークとなることが多く、そのような時期には臨時で非正規の保健師が募集されることがあります。

また、産休の保健師の代わりとして、一時的に働ける人材が求められることもあります。

経験者であれば、パートや派遣でも比較的よい条件で採用されることもあるため、興味があればそういった求人を探してみるのもよいでしょう。

保健師の志望動機・面接

保健師採用の面接ではさまざまなことが質問されますが、最も重視されるのは志望動機と、貢献したい分野といって間違いありません。

保健師を目指す理由は人によって違うものですが、「なぜ他の医療系の職業ではなく保健師になりたいのか」「保健師としてどのように貢献したいのか」などといった、想定できる問いにはっきりと答えられるよう準備しておきましょう。

保健師は、勤務先によって対象とする人や、仕事内容にも違いがあります。

志望先に合う志望動機を作り上げることも大事です。

保健師の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

看護師から保健師への転職で気をつけるべきポイントは?

保健師は、看護師として働いてから目指す人もいます。

看護師から保健師への転職を志す場合には、「看護職よりゆとりのある仕事ができそうだから」「看護師は忙しすぎるから」といったネガティブな理由を述べないよう注意が必要です。

そういった思いが、たとえ前向きにキャリアを考えるきっかけのひとつだったとしても、面接官が良い印象を受けるかどうかはわかりません。

勤務地や雇用条件、待遇などだけが転職理由と受け取られないよう、注意しておく必要があります。

あくまでも保健師として何をしたいのかや、看護師経験を保健師にどのように生かしていきたいのかを中心に、話を組み立てていくように心がけましょう。