保健師の求人・採用状況・就職先の探し方

保健師の就職先にはどんなところがある?

保健師の就職先でもっとも多いのが、市区町村の保健センターや市役所・区役所などの役所です。

長きにわたり、全体就業者数の半数以上が行政保健師として勤務している実態があります。

続いて、保健所・企業や病院などの事業所という順番です。

そのほかにも、少数ではありますが、診療所や大学などにも保健師は勤務しています。

また、昨今は介護業界でのニーズも増しており、介護施設や訪問看護ステーションなどでも保健師が活躍しています。

保健師は公衆衛生の専門家でありながら、看護師免許も持つ医療従事者でもあります。

本人が何を専門とするか次第で、社会福祉施設や国際協力機構JICA、また関連するNGOに所属する人など、選択肢はさまざまあります。

保健師のおもな活躍の場は行政機関であるイメージが強いですが、高齢化を背景に介護業界で役割の重要視されはじめていることより、介護分野で仕事をする保健師が今後ますます増えていくものと予想されています。

また、保健所、保健センター、役所などで働くためには、公務員試験に合格する必要があります。

介護施設での需要が高まっている

これまで、保健師の就職先は、自治体、企業、学校がほとんどでしたが、これからは「介護センター」での活躍も期待されています。

介護施設では、入所者の健康管理、看護、リハビリなどの療養プランの作成、入所者及び家族の健康相談・健康指導、医療機関との連携など、保健師に求められる役割ははかり知れず、活躍の場も広いものとなるでしょう。

介護施設が保健師のおもな就業場所として地位を築くのも時間の問題かもしれません。

保健師の求人の状況

地域で、企業で、そして学校で、多くの人々の健康を維持するために必要とされる保健師ですが、その採用状況は決して求人が多いとはいえません。

その一番の理由は、各自治体や企業の求人の絶対数が少ないことがあげられます。

たとえば、看護師の場合、入院患者7人に対し、看護師が1人の割合で配置されるのが理想的とされています。

つまり、50人の入院患者がいる場合、夜勤や休みのスタッフも考慮すると、一病棟に20人以上の看護師が雇用されていることになります。

しかし、保健師の働く職場では、対象となる人数は多いのに、それを担当する保健師は数名である場合がほとんどです。

ひとつの例として、養護教諭の例で考えてみると分かりやすいのではないでしょうか。

学校によっては、数百人にもの児童、生徒がいながら、そこに働く養護教諭はたったひとりです。

このように、保健師の仕事は、働く職場の数ではなく、そこで働く保健師の数が多くないことが、採用を狭き門にしています。

離職者が少ない

保健師は、業界として、離職者が少ない仕事です。

これは、求職者からするとよい面ではないかもしれませんが、保健師という職業を見たときに、離職者が少ないという事実は働きやすさを表しているといえるでしょう。

同じ医療職でも、たとえば看護師は離職率が大変高い仕事ですが、保健師は、看護師のように夜勤がないので、結婚、出産後も働きやすく、自治体に就職すれば、公務員として安定した待遇が受けられます。

緊急で対応する必要のある急患や、休日出勤、恒常的な残業などもない比較的予定の立ちやすい勤務状況であることも大きな理由です。

そのため、一度雇用されると、多くの保健師が長きに渡りそこに勤務します。これは、雇用する側にとっても、経験豊かな保健師がいてくれとてもありがたいことです。

もちろん、まったく離職者がいないわけではなく、それぞれの理由で職を離れる人もおり、その場合、欠員補充ということで、新しい人材が求められます。

パート、または派遣保健師として働く方法も

正職員としての採用は、決して多くない保健師の就職ですが、パートや派遣保健師として働く方法があります。

保健師の仕事は、年間を通じて忙しい時期と、そうでない時期があります。

たとえば、新年度は、学校や企業での健康診断、健康指導が一斉に行われる時期なので忙しさがピークとなることが多く、そのような時に、臨時で保健師を募集する場合があります。

また、産休の保健師の代わりとしての人材が求められることもあります。

保健師の仕事は、少人数で行わなくてはいけないことがほとんどなので「経験」が求められますが、新卒の保健師では、経験値が不足しており、即戦力にならず、採用を見送られることも少なくありません。

そのような時は、積極的にパートや派遣保健師として活動することで、先輩保健師のもとで経験を積むことができます。

同時に勤務先の様子を知ることができますし、雇用主に自分の仕事振りをアピールするチャンスにもなります。

少し採用が難しいように感じますが、それだけ一度職に就いたら働きやすい環境であるともいえます。

求人をまめにチェックする、従来の保健師の勤務先以外でも保健師を必要としている所を探すなど「情報」を得ることが保健師として働くためには大切だといえるでしょう。

保健師の志望動機・面接

採用の面接ではさまざまなことが質問されることが予想されますが、そのなかで最も重視されるのは志望動機や、貢献したい分野といって間違いありません。

保健師を目指す理由は人によって違いますが、「なぜ他の職業ではなく、保健師になりたいのか」「なぜ転職をして保健師を志すのか」などといった想定できる問いにはっきりと答えられるよう、準備しなければなりません。

そのためには、まず自分が保健師のどんなところに興味や魅力を感じたのか、どのような社会問題に関心があり、どのような点に貢献できるポイントを感じているのかなどを整理しておくことが重要です。

看護師から保健師への転職の場合に気を付けること

看護師のキャリアの先にある保健師ですが、看護師から保健師への転職を志す場合、志望動機として「看護職よりゆとりのある仕事ができそうだから」「看護師は忙しすぎるから」といったネガティブな理由を述べないよう注意が必要です。

それがたとえ前向きにキャリアを考えるきっかけのひとつだったとしても、面接官が良い印象で受け取るかどうかはわかりません。

また、待遇や雇用条件なども転職の大きな理由になりますが、そればかりを前面に出し過ぎることも避けたほうが良さそうです。

勤務地や雇用条件、待遇などだけが理由と受け取られないよう、注意しておく必要があります。