公務員の保健師の仕事内容・なり方・資格

公務員の保健師の仕事内容

保健師は、健康相談や家庭訪問など個人の健康に関する支援全般から、地域全体や企業単位での健康指導や健康管理を担います。

病気やけがをした後に治療のサポートやケアをする看護師と異なり、保健師は病気にかかる前に人々に関わり、予防や健康指導などに当たります。

昨今ますます広がりを見せる保健師の活躍の場はさまざまありますが、厚生労働省の毎年発表するデータによると、市町村・都道府県・保健所などで公務員として働く保健師が占める割合が最も多いことが長く続いています。

近頃では全体の約70%を上回り、たくさんの保健師が行政に関連する職場で力を発揮しています。

公務員として働く保健師は「行政保健師」とも呼ばれています。

行政保健師とは?

保健師は、活躍する領域から大きく「行政保健師」「学校保健師」「産業保健師」の3種類に分けることができます。

このうち保健師の最も代表的な働き方とされるのが、保健センターや保健所など地方の自治体で働く行政保健師、つまり「公務員」としての保健師でしょう。

これは、保健師を目指す人が通う学校で学ぶカリキュラムに、公衆衛生看護学として地域での保健活動や、看護活動の科目が多いのを見てもわかるとおり、保健師の役割や目的に沿った就業先であるといえます。

保健師の役割は、「人々の健康を守ること」であり、その窓口として、地域住民と広く関わることができる「自治体」での勤務が多いのは当然かもしれません。

保健師の就職先の半数以上が公務員となるため、「保健師=公務員」というイメージもよく持たれます。

直接お世話になった事のない人の中には、保健師は保健所の人、という印象を持つ人も少なくありません。

保健師が公務員として働くメリット

公務員として働く最大のメリットは、保健師以外の職種同様、やはり「安定」が得られることです。

給与に関しては、基本給などは一般企業と比べると決して高くないといわれますが、保健師の場合は資格手当のほか、公務員としての諸手当も期待できます。

また、保健所に勤務した場合は夜勤もなく、残業や休日出勤もさほど多くありません。

繁忙期のタイミングも比較的読みやすく、緊急的に対応しなければならない業務が飛び込んでくる、といった業務の状況になることもめったにありません。

産休や育休などの制度も公務員であるためしっかり整っており、安心して休暇を取ることができます。

福利厚生の面でも手厚く保障されているため、待遇面でも公務員として働く行政保健師はメリットが多くあるといえます。

働きやすい環境が整っており、プライベートの時間をしっかりと確保することができるでしょう。

デメリットは、採用の競争率の高さ

行政機関における保健師としての仕事は、資格を生かして一生仕事ができる理想的な条件が揃っているため人気も高く、就職は狭き門である傾向が強く続いています。

また、公務員として働くため、保健師の資格を得るための国家試験とはまたべつに、採用にあたって各自治体の「公務員試験」にも受からなくてはいけません。

公務員試験は科目数も多く範囲も広いため、独学では難しいこともあります。

他の職種で公務員採用試験を受ける志望者と同様、しっかりとした採用試験対策が必要になります。

計画的な勉強をし、合格を目指していく努力が欠かせません。

また、最寄りの保険所や役所での勤務に採用される場合ばかりではないため、遠方の就業先が決まることもあります。

なお、保健師の公務員以外の就職先としては、産業保健師として企業に勤めたり、養護教諭として学校保健師に勤めたり、場合によっては病院に勤めることもできます。

また、近年は高齢化社会がますます進み、これから介護施設での活躍が増えてくると予想されています。

行政保健師の勤務先

行政保健師の勤務先には、いくつかの施設や役所があります。

それぞれの就業先によって、当たる業務や担う役割が異なってきます。

保健所、市区町村別に保健師の業務内容についてみてみましょう。

保健所

保健所は都道府県や政令指定都市、中核都市などに設置されている公衆衛生活動の中心となる機関です。

保健所に勤務する保健師は、その自治体の職員となり、業務に当たります。

保健所では保健師のほかにも、医師をリーダーに、看護師、管理栄養士薬剤師ソーシャルワーカー精神保健福祉士などさまざまな医療の専門家が協力して住民の健康と安全を管理する活動や業務をおこなっています。

たとえば感染症が発生した際、保健師は患者や家族が治療に専念できるような支援と、被害が広がらないように予防対策や啓蒙活動をすみやかに実施します。

また地域の大学病院や病院をはじめとする医療機関との連携における調整役も大切な役割です。

また難病や精神疾患の患者や家族に対する支援もおこないます。

普段通りの生活を送れるようサポートをしたり、家庭訪問などをおこない療養上の相談に応じたりします。

市区町村

市区町村のおもな就業場所には「市町村保健センター」があります。

市町村保健センターは市区町村が設置している機関で、「保健所」は都道府県単位で広域的な活動をするのに対して、「市町村保健センター」はより地域に根差した、住民の身近な医療や健康面のサポートセンターとして存在しており、こまごまとした支援活動にあたります。

市区町村にある保健センターでの保健師としての活動は、母子分野では家庭訪問や母子健康診断、児童虐待予防、子育て教室の実施などが代表例です。

また、一般の住民に対しては、がん検診、健康診断、生活習慣病の予防教室、健康維持のための講座などを実施します。

また高齢者領域としては、本人やその家族に向けた介護予防や認知症予防の教室、健康・介護相談などを積極的におこないます。

どの分野の活動に注力するのかなどは、その保健センターの立地や統括する住民の特性や属性などによってセンターごとに特色があります。

行政保健師として働くには

公務員である行政保健師として働くためには、保健師の免許を得る保健師国家試験だけでなく各自治体の公務員試験にも合格しなくてはなりません。

試験内容は1次試験で筆記試験と面接試験を、2次試験でそのほか小論文試験や保健師の専門試験を受験し、パスする必要があります。

新卒で公務員を目指す場合は看護師および保健師の国家試験もあるため、非常にハードなスケジュールになるでしょう。

しっかりと対策をし、効率的に勉強をこなす必要があります。

公務員試験の日程は自治体によって違いますが、おおよそ8月から9月にかけて行われます。

看護師と保健師の国家試験は2月の中旬に実施されます。

3年次には実習もおこなわれ、大学などによっては卒業試験なども重なってくるるため、公務員試験勉強は卒業年次以前から早めに進めておくとよいでしょう。

他の職種同様、保健師も公務員試験対策を実施している予備校や講座などがたくさん存在するため、自分で勉強を進めることが不安な人や少しでも効率的に対策をしたい人はそういったサービスを利用するという選択肢もあります。