保健師のつらいこと・大変なこと・苦労(体験談)

保健師のつらいこと・大変なこと

指導的立場になること

保健師が果たすべき役割のひとつに、人々の健康教育やメンタルサポート、育児指導といった「教育・指導的役割」があります。

保健師として活躍し始める時点では、すでに人々にアドバイスするための学習は看護学校や保健師養成学校で受けていますし、最低限必要な知識・技術も身につけてはいます。

しかし、新人保健師には経験値がありません。

とはいえ、経験がなくとも保健師として働くからには、地域住民や企業の場合はそこで働く社員たちにとっては、健康に関する不安を話すことができる頼れる相手であり、適切な指導をしてくれる専門家でなくてはいけません。

経験の少ない保健師も先輩保健師から指導を受け、現場に慣れるための実務研修を通して経験を積んでいくことができますが、看護師と比較すると学ぶ環境はあまり整っていません。

看護師が先輩に学びながら知識や技術を磨いていく場があるのに対し、保健師は職場にいる同僚が少ないことから職場教育の機会があまりありません。

経験と教育の機会のない新人保健師が一人前に仕事をしていくためには、何よりも向上心が必要になります。

対外的に指導をする立場の新人保健師がアドバイスや指導を受けられない不安さやプレッシャーなどが、保健師の仕事で感じる大変さのひとつです。

幅広い年齢に対する、広く深い知識が必要になる

保健師の仕事は、乳幼児育児指導や、母子保健、予防注射、成人健康診断、高齢者介護計画など、幅広い年齢層の人々に対し、さまざまな指導や働きかけを行います。

どれも専門的な知識を必要とし、人々の健康や健やかな日常を維持するために大切なことです。

また、潤沢に保健師が確保されている場合は多くなく、たいていの現場では少ない人数でたくさんの業務をこなすことになります。

個々の保健師が責任をもって現場で正しい判断を行うには、それぞれの幅広く深い知識が必要です。

知識や経験をしっかりとアップデートし、使える自分のものにしていく努力を続けることも、保健師にとって大変なことのひとつといえるでしょう。

最小限の健康被害と、最大限の健康増進に取り組む

保健師の仕事の最大の目的は病気の予防です。

人々が病気にならないために、病気についての正しい知識やその予防法、食事などの話をし、公衆衛生の向上を図ったり、健康診断で病気になりそうなリスクのある人を発見し、保健指導をします。

この時に必要とされるのは、人々の話に耳を傾け、健康状態に注視し先を読む力です。

病院では、現時点で病気になっている人を診て、どんな病気か? どのような治療が必要か?ということを考え、治療に入っていきます。

しかし、保健師の場合、現在は健康な人がこれからも病気にならないように導くこと、今は健康そうに見える人のなかに潜んでいる病気のリスクを見つけ、適切な指導をすることが仕事になります。

つまり人々を健康で健やかな未来につなげていくことが仕事になります。

そのためには、一人ひとりのデータや、社会の変化や制度、最新の医療などを総合的に判断し、一歩先を読んでいく判断力が必要になります。

つねに物事を広くみて総合的に判断することが重要なポイントとなります。

相手と対話する力だけでなく、論理的思考力やデータ分析力なども求められるところは、この仕事の大変な部分だといえるでしょう。

保健師の悩み

保健師という立場上、多くの人に対し指導的役割をこなさなければなりません。

たとえ新人であろうと、頼れるアドバイザーとしての働きをまっとうしなければならない立場にあり、慣れるまでは苦労も多いでしょう。

また保健師の仕事は、育児指導、予防注射、成人健康診断、高齢者介護など幅広い年齢層にわたり、その業務も幅広くあります。

そのため、一人ひとりの検査データや生活背景、関連する法制度や医療知識などを統合分析し、判断していく力が必要になります。

相手と対話する力だけでなく、論理的思考力、分析力なども求められるところは、この仕事の大変な部分だといえるでしょう。

これらのデータや分析、知識などをもって指導するうえで、その相手がいつも自分より年下であるとは限りません。

自分よりも社会経験の多い年上や親世代の年齢の人であるケースは少なくありませんし、まして卒業間もない保健師などは目上の相手に保健指導を行うことのむずかしさはそれぞれ感じるところがあるでしょう。

自分の知識や経験を磨くこととは別に、人に対するコミュニケーション能力も必要とされるのが保健師の仕事であり、これらに苦労や悩みを感じる人も少なくないようです。

保健師を辞める理由で多いものは?

配属先にもよりますが、保健師の働く現場では慢性的に人手不足である傾向が高く、したがって一人あたりの業務量も過多になっている場合が少なくありません。

また、相談業務をひとりで常時数十人分担当し、支援をしてる場合などもあるため心身ともに疲れてしまった、管理職になり現場から離れて事務だけの仕事になったが、仕事量が増え疲弊してしまったといった声も多くあります。

また、企業内で働く保健師の場合でも、企業では、保健師は社内に1人しかいないところも多いことも問題といえます。

そのためか業務に関する周りの理解がなかったり、専門家だからと関連する健康管理の業務はすべて保健師ひとりに丸投げにされてしまったりといったこともあります。

その結果、これらの業務量の多さ、対応範囲の広さなどで疲れ、保健師をやめてしまう人も少なくありません。