保健師のやりがい・楽しさ・魅力(体験談)

保健師のやりがい・楽しさ

保健師の仕事のやりがいは、なんといっても人々が健康な日常生活を送れるようなサポートが専門的にできることです。

保健所で働く保健師であれば管轄内の住民、企業で働く保健師ならその企業の社員がその対象となります。

病気の人のお世話や治療の補助をする病院で働く看護師は、患者さんが健康になるために携わったという実感があります。

一方、保健師の場合は、最大の業務のひとつ、予防の成果がハッキリと目に見えず、住民や社員が健康でいるために、果たして自分が関わっているのかという疑問がわくこともあるでしょう。

では、保健師はどのような時に保健師としてのやりがいや楽しさを実感するのでしょうか。

人々の健康に対する意識が高まったと感じるとき

ヒトはいくら予防しても病気になってしまうことはあるので、人々が病気になった=保健師として力不足だった、ということでは、けっしてありません。

むしろ、自身が携わる現場において、人々の病気に対する知識が行き届いていなかったり、予防しようという意識が低いことに保健師としての役割や使命感を感じる保健師が多いようです。

健康の専門家である保健師による健康相談や指導を通じて、人々の健康に対する意識が高まったと感じる時には、保健師としてのやりがいや充実感を感じるでしょう。

それらの成果は、「昨年に比べてインフルエンザにかかった人が少なかった」「健康診断を通じて病院で治療を開始した人が増えた」など、数字に表れるものもあります。

しかしそれ以外に、「うがい」や「手洗い」のような小さなことでも、病気の感染予防の心がけが、人々の間に浸透している様子を見ることも、保健師の地道な活動の成果だと感じます。

相談者の不安を軽減することができたと感じるとき

保健師の仕事で大切な仕事のひとつは、相談者の話に傾聴するということです。

相談に乗ったり、アドバイスをしたりといったことだけではなく、専門家に話を聞いてもらえた、共感してもらえたといったコミュニケーションからくる安心感をも保健師は与える存在であるということです。

たとえば、自宅で高齢者の介護をしている家族から相談を受けるとき、専門的な立場から適切なアドバイスをすることも必要ですが、不安や苦悩、心配事を聞いてもらいたいと思っている家族も多くいます。

これは、赤ちゃんを生んだばかりのお母さんも同じだといえます。

育児相談では、新生児をはじめとする子育てに関する助言を行うと同時に、育児の大変さを理解してくれる存在として、保健師は期待されています。

とくに、核家族化が進む現代では話をする相手が求められ、保健師は単に話を聞くのではなく、介護や育児に対する知識と幅広い認識をもった頼れる身近な専門家であり、また同時に地域や医療への窓口にもなる頼れる存在といえるでしょう。

人々の話や心配事、悩みに耳を傾け、話をした後で、相談者の負担や不安を軽減できたと感じるときや、しばらくして以前よりもイキイキと生活している様子を見ると、力になれたと嬉しく感じる保健師は多いです。

人の人生に専門家として関われること

看護師の仕事は、多くの場合、人の一生の患者さんである区切られた時間に深く関わり、健康状態をよい方向に導きます。

一方で保健師の仕事は、乳幼児健診、予防接種、母子指導、健康診断、健康指導を通じ、人の一生における健康に長きにわたって区切りなく関わる仕事です。

赤ちゃんの時に、母子健康相談で見た子どもが元気に小学校に通っている姿や成人検診でお世話した人が健やかな老後を送っている様子など、人々の日々の営みの中に、保健師は微力ながら関わっているという自負があります。

看護師が病気の後の笑顔を作る仕事だとしたら、保健師は病気の前の健やかな笑顔の時間を長くする仕事であるといえるでしょう。

保健師の魅力

健康に対する専門家である保健師は、人々の健やかな暮らしの役に立つことが、大きな喜びとなっていることがわかります。

保健師は自身の仕事を通じてこのようなやりがいや誇りを感じられる職業であり、専門家として自分自身が成長できていると実感できる場面やタイミングも少なくない、魅力の多い仕事です。

保健師が業務に携わり、人々の健康な暮らしのために力を尽くしているなかで、嬉しい・やりがいがあると感じるできごとや成果はたくさんあります。

たとえば、「以前健康相談にのった人が自分を訪ねて報告に来てくれた」「人とのコミュニケーションがうまく取れた結果信頼を得て、保健師としてのスキルが上がったと実感できた」など、人の役に立てたと感じられることが一番のモチベーションに繋がるようです。

また、「自分の訪問を楽しみに待っていてくれる」「健康診断などをふまえて健康相談を行い、結果重篤な病気の早期発見につながった」など相談などの仕事を通じ、保健師は住民に信頼される職業だと誇りに思える場面もたくさんあります。