保健師への転職状況・中途採用はある?

保健師への転職状況は?

異業種からの保健師への転職は、取り立ててめずらしいことではありません。

最も多いのは、看護師から保健師への転職です。

キャリアのひとつとして、もともと保健師志望だったけれど看護師として病院で経験を積んでから学校に行き直し、保健師を志す人や、看護師として現場で医療に従事し、自身の結婚や出産、またその他きっかけを経て保健師への転職を考える人など、さまざまです。

まったくの未経験から保健師を志望する人もいます。

では、まず看護師から保健師へ転職したいと考えるとき、まず気にしておきたいのは、どのような領域で活躍したいのかということです。

保健師は大きく分けて「行政保健師」「産業保健師」「学校保健師」といった種類があり、それぞれ活躍の場が大きく異なります。

これらのなかで、もっとも活躍する割合が多いのは、中途採用の求人も活発に出ている行政保健師だといえるでしょう。

行政保健師に転職する

行政保健師は公務員として働き、地域の保健所や保健センター、行政組織などがおもな職場となります。

保健師というイメージで一番描きやすいのが行政保健師である場合は多いですが、住民の健康を守る立場として欠かせない存在であり、全国どの場所でも需要があります。

とはいえ、競争率は地域やタイミングによってだいぶ差があり、都市部は保健師の有資格者数が多いことから倍率も高くなりがちといわれています。

行政保健師を目指す場合には、公務員試験にも合格する必要があるため、その対策もきちんとしておく必要があります。

このほか、企業や学校でも保健師の求人が出されることがありますが、そこまで数が多いわけではありません。

とくに、大手企業や待遇がよい魅力的な求人には、応募者がたくさん殺到することもあるようです。

狭き門になることも覚悟しておいたほうがよいでしょう。

このほか、保健師は資格を取得するうえで看護師免許も併せ持っていることから、病院も就職先のひとつとなります。

全体的に見て保健師の求人は比較的よく見られるため、有資格者であれば転職を成功させることはそこまで難しくはないでしょう。

ただし、なかには非正規雇用の求人もあり、希望している条件で働けるかどうかは本人の努力やタイミングによるところも大きいです。

保健師への転職の志望動機で多いものは?

保健師への転職のパターンとして、最も多い看護師からの転職の場合、予防医学に関心を持ったという志望動機が多く聞かれます。

看護師として現場で働くうち、やりがいを感じつつも病気で苦しむたくさんの患者さんをみてきた経験から、病気になってしまう前に予防で健康を維持できれば、と保健師になりたいと考えるようになるようです。

また、社会問題としての高齢化や少子化、孤独なワンオペレーション育児や精神疾患などの多くの課題に、社会を健やかにしたいと対象を多くの人々に広げ、その役に立ちたいと志望する人もたくさんいます。

他には、結婚や出産、育児など自身のプライベートとの両立や働き方としての仕事を考えたときに、夜勤や急患対応などがなく、落ち着いて仕事に取り組める医療専門職として保健師へのステップアップを検討することも実際には少なくないようです。

保健師の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

保健師の未経験採用は?

たとえば別の仕事をしている社会人や主婦の人が、乳幼児健診などで保健師と出会い、保健師の仕事に興味を持ったり、なりたいと思うことがあるかもしれません。

また、もともと保健師に憧れていた時があり、やはり目指したいと決意する人もなかにはいるでしょう。

実際、保健師は医療・公衆衛生の専門家ですが、看護師や助産師などと違って夜勤がなく、土日休みで残業がほとんどない職場もあります。

子どもがいる主婦や家庭と両立させたい女性にとっても働きやすい勤務体制であるといえます。

未経験で看護師免許を持っていない主婦や社会人が保健師になるには、まず3年制の専門学校に行って看護師の資格を取得し、保健師養成所で保健師過程を終了して保育士国家試験を受験する方法があります。

看護師免許を持っている場合は、保健師養成所に通ったり、看護系大学の保健師養成課程に編入したりすることで、保健師の受験資格を得られます。

まったくの異業種から保健師を目指す場合は2つの国家試験を乗り越えなければいけないため大変であることは間違いありませんが、やりがいのある仕事を求めて保健師になりたいと考えている人十分目指す道があります。

保健師への転職に必要な資格・有利な資格

保健師の転職に必要な資格は、保健師免許です。

その保健師免許は看護師免許がないと取得できないため、必然的に看護師免許も必要だということができます。

また、持っていて有利な資格とすると、臨床心理士やカウンセラーなどが挙げられます。

保健師は人に寄り添い、健康や病気などプライベートな相談を受けることが仕事です。

医療や公衆衛生の専門家であると裏づけできる免許はもちろん、心理系・カウンセリング系の勉強をした経験があると、それは仕事に直結するスキルとなるでしょう。

また、実務においてはパソコン仕様が必須であるため、wordやexcelなどといったオフィスソフトのスキルを客観的に示しひとつの指標となるオフィス系の認定資格などがあるとより良いかもしれません。

保健師への転職に役立つ職務経験は?

保健師への転職に際し、役立つ職務経験は業務の内容からも、看護師としての現場経験がまず挙げられます。

医療の実務経験や患者さんと実際に接した経験があると、人々の健康や病気に関わる保健師の業務にはおおいに役立つことでしょう。

また他には、カウンセラーとしての就業経験などがあると、そこで培ったコミュニケーションスキルや他者との対話の仕方、傾聴の仕方などが生かせるでしょう。

しかしながら、さまざまな年齢・立場・背景の人々と直接関わることが仕事の保健師にとって、役に立たない職務経験はむしろないかもしれません。

保健師は、社会人として働いた経験のみならず、人とふれあい関わってきた経験、出産や子育ての経験など、歩んできたさまざまな経験が思いがけず業務の役に立ったり、だれかの助けになったりということがある職業だといえます。

保健師への転職面接で気をつけるべきことは?

保健師は、行政の機関では窓口として、企業や組織では公衆衛生の専門家として、カウンセラー的立場で人と接することが仕事です。

そういった意味では、社会人として受ける転職の面接では、当然のことながら、立ち居振る舞いや本人の印象、また基本的なビジネスマナーを厳しく見られていると考えて間違いありません。

社会人として最低限のマナーができていることはどの業種で転職するとしてもごく当然ではありますが、健康や病気などといった重要な相談や課題について人々と向き合うこと、健康指導を行う立場である保健師という仕事に就く人材として、世間や雇用側の期待する「保健師像」があると考えましょう。

丁寧で誠実であり、明るく朗らかである印象を持ってもらえるよう、心がけましょう。

保健師に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

保健師は、専門的な知識を生かして長く働ける仕事ですが、求人における年齢制限は実質的に厳しめとなっている場合もあるようです。

とくに行政保健師の場合、公務員採用ですので、基本的には受験年齢に制限があることが多いです。

応募する自治体によっても異なりますが、「20代後半あるいは30歳程度まで」ということもめずらしくなく、年齢を重ねると未経験であればなお転職が難しくなってしまいます。

産業保健師の場合、応募条件の中に年齢の制限を入れることができないため、中途採用の募集用件で年齢の基準や制限の有無をはっきりと知ることはできません。

しかしながら、実際には保健師以外の職種でもそうであるように、年齢が上がると実務経験を求められるケースも増えてきます。

実際に働いている保健師の年齢層は30代~50代が最も多いようですが、その年齢層は幅広く、まったく採用の可能性がないというわけではありません。

とくに未経験の人の場合は、モチベーションや志の高さをしっかりとアピールし、採用につなげることと、こまめな求人チェックが肝要でしょう。

未経験から保健師の転職での志望動機

保健師の転職での志望動機はさまざまですが、未経験の異業種からの転職の場合、代表的な志望動機としては、社会に貢献し、人々の健康を守りたい、予防医学に寄与したいといった理由などがあります。

現場で活躍する保健師に求められるのは、人と接するコミュニケーションスキルが優れていること、相談者に寄り添い、広い視野を持てる専門家であること、重要な課題や問題に気付き、解決方法を模索できること、社会のために仕事がしたいという熱意などです。

即戦力にならないのは、未経験なので当然です。

問題を見つけ、それを課題と感じる感覚があること、それを解決しようとする意欲、健康な人や社会づくりのために尽力したいことなどを、面接担当者に遠慮することなくアピールしましょう。