保健師に向いている人・適性・必要なスキル

保健師に向いている性格・適性

多くの人々の健康を支え、心身ともに健やかで健康な社会づくりが大きな使命である保健師は、人のためにという想いを行動のモチベーションにできる人に向いている仕事です。

また、さまざまな年代の人に保健指導や健康指導、カウンセリングなどを行うため、人と話すことや、人の話に耳を傾けることが苦にならない性格であると望ましいといえます。

また、病気やけがの治療と違い、健康維持や増進といった分野は結果がすぐには見えにくく、効果があらわれるまでに時間もかかるため、物事に腰を据えて粘り強く取り組めるかどうかも重要な適性になります。

また、保健師は赤ちゃんからお年寄りまで、いろいろな立場や年齢の人に明るく、また誰とでも分け隔てなくコミュニケーションを取れる快活さが求められます。

仕事柄、健康や自身のさまざまなことに関して人に言いにくい悩みを抱えている人に向き合うことも多く、相手が心を開いてくれるような会話のしかたや、相手の話をていねいに聞く真摯な姿勢も大切になります。

保健師になるには? 必要な資格は?

保健師に必要なスキル・能力

親しみやすさがある人

保健師は、健康への不安がある相談者、心身の病に悩んでいる人に対して、カウンセリングを行い、アドバイスをする専門家ですので、親しみやすく相手に安心感を与えられる人が歓迎される仕事です。

相手に信頼感や親しみやすさを感じられなければ、人は自分の健康上の悩みや精神的な悩みを打ち明けられません。

親しみやすく話しやすいタイプの人が保健師に向いているといえるでしょう。

明るくコミュニケーション力がある人

保健師は、乳幼児から高齢者まで、さまざまな立場の幅広い年代の人と接する仕事です。

誰にでも明るく心を解きほぐすコミュニケーション力が必要になります。

また、健康や病気をはじめとする個人的な悩みの相談を受けて専門家としてアドバイスをする仕事なので、人の話を丁寧に聞くことや、それに対してわかりやすく説明することが得意な人は、保健師に向いているといえるでしょう。

また、保健師は業務において外部との医療関係者と連携を取る必要があります。

自分からコミュニケーションを取れるタイプの人、他者とかかわることが苦にならない人が向いています。

子ども好きな人

保健師は母子を対象として、「乳幼児健診」や「予防接種のサポート」、「母親相談」や「発達相談」など、そのお母さんのみならず、小さな子どもと接する機会が多いのも特徴です。

子どもが安心して接してくれるような、優しい笑顔を向けられる子ども好きな人であれば母子ともに安心できるでしょう。

保健師に向いていないのはどんな人?

アドバイスの仕方が下手な人

保健師は専門家として、健康指導をする立場です。

相手はアドバイスや提案を求めていることも多く、やはり上手にアドバイスする必要があります。

健康指導を受けた人は、保健師の話を聞いて納得し、生活改善や病気予防のための何らかの行動につなげなければ意味がありません。

どのように寄り添い、どのように説明して納得してもらうのか、そこに保健師としての腕やスキルが現れるといっても過言ではありません。

しかし、指導する立場だからといって、上から目線になってしまうようでは相談者を不快にしてしまうため、せっかくアドバイスをしても伝わらないでしょう。

上手にわかりやすく、そして好感的に説明することが苦手な人には向いていない仕事かもしれません。

人と話すのが苦手な人

保健師は、ひとびとの健康や予防医学に寄り添い、相談を受けたりアドバイスをすることがおもな業務のため、人と話すことに苦手意識を持っている人には向いていません。

年代も性格、立場もさまざまな人々とのコミュニケーションを取らなくてはならないので、人と話すことそのものが苦手な人は、毎日の仕事がつらいものになってしまうでしょう。