ダンサーの大変なこと・苦労

踊りだけで生活するのは大変

ダンサーを志す人の多くは、「自分自身で踊り、人を楽しませたい」という思いを持っていることでしょう。しかし、ダンスパフォーマンスだけで食べていくのは、想像以上に難しいことです。

第一線で活躍するダンサーも、イベントやショーなどに出演しながらダンス講師の仕事をしていたり、中には他の仕事をして生活を成り立たせている人も少なくありません。

ただし、成功するためにはできるだけダンスの世界に浸ることが大切とも言われています。よほどのことがない限り、すぐに大成する仕事ではありませんが、諦めずに目標に向かって努力し続ける気持ちを忘れないようにしなければなりません。

故障に悩まされることも

ダンサーは身体を酷使する仕事なだけに、ケガなどの故障をしてしまう可能性もあります。ケガを防ぐには、正しい身体の使い方を身につけるだけでなく、日ごろからトレーニングやケアをする必要があります。

ダンサーにとって身体は資本。常に全力で踊り続けるためには、健康状態やコンディション調整に人一倍気をつけなければなりません。

厳しいレッスン

ダンサーは皆ダンスが大好きですが、楽しいことばかりではありません。オーディションになかなか合格できないこともあれば、レッスンで思ったように踊れず厳しく怒られることもありますし、観客から良い反応がもらえず、悲しい思いをしてしまうこともあるかもしれません。

実力主義の厳しい世界ですから、華やかに見えるステージの裏で、ダンサーたちは必死に努力を続けています。しかし、ダンスで表現することに限界はないため、いつまでも上を目指して輝き続けることができる仕事でもあります。

仕事体験談