ビオトープ管理士のやりがい、魅力

自然や生きものと触れ合える

ビオトープ管理士の仕事では、日常的に自然や生きものと深く関わりを持っていくことになります。

子どもの頃から植物をはじめとする生物全般が好きという人には、まさにうってつけの仕事といえるでしょう。

多種多様で複雑な生態系のことを学ぶなかで、自分自身が地球の中でどう存在しているのかといったことを考えることもできます。

昔に比べて自然が失われつつあるといわれる現代社会だからこそ、その貴重な自然と多く触れ合い、それを守っていくことの喜びを感じられる仕事です。

社会貢献性の高い仕事ができる

「持続可能」といったキーワードが重要視されるようになり、自然を保護し、再生していく取り組みはは、長い目で見て私たちが生きる地球を守ることにつながります。

こうした社会貢献性の高い仕事に就き、日本はもちろん、世界規模で大きな影響を及ぼす重要な役割を担えることは、ビオトープ管理士にとって大きなやりがいと誇りとなるでしょう。

今後は、ますます「ビオトープ」という言葉が認知されるにしたがって、ビオトープ管理士の存在意義も大きなものとなることが予想されます。

創造的な仕事ができる

ビオトープ管理士は造園や土木などの領域で活躍する人が多くおり、ビオトープをキーワードに、「まちづくり」など人が豊かに暮らせる環境づくりに取り組める創造的な仕事だといええます。

生きものや自然には絶対的な正解がないからこそ、目の前の課題に対して自分たちの頭でどうすればベストかを考え、人と自然が良い状態で共存できるような方法を探り続ける必要があります。

また、ビオトープ管理士としての能力の生かし方はさまざまで、環境コンサルタントになったり、レンジャーとして人々に自然の楽しみ方を教えたりと、多方面で活躍することができます。

専門知識を生かしながら、創意工夫をもって仕事に取り組めるところは、この仕事の魅力だといえるでしょう。