ビオトープ管理士になるには

ビオトープ管理士」の資格を取得

ビオトープ管理士になるには、まず「公益財団法人 日本生態系協会」が実施する「ビオトープ管理士資格試験」を受験し、合格することが第一歩となります。

この資格試験は「ビオトープ計画管理士」と「ビオトープ施工管理士」の2種類に分かれており、前者は都市計画、農村計画といった地域計画のプランナーとして、後者は設計・施工にあたる事業現場担当の技術者としての役割を担います。

また、それぞれ1級と2級があります。

国家資格ではなく、医師弁護士のように、この資格がなくてはできない業務が法律で定められているわけではありませんが、専門知識が必要とされる資格であり、建築や造園などを手掛ける企業を中心にビオトープ管理士の資格を持つ人が活躍しています。

資格の詳しい内容

ビオトープ管理士の資格試験は、「ビオトープ計画管理士」「ビオトープ施工管理士」ともに「2級」は誰でも受験可能ですが、「1級」については受験資格として、以下のいずれかを満たす必要があります。

1. 4年制大学卒業後、7年以上の実務経験を有する者
2. 大学院(土木、造園、農業、生物関係に限る)を卒業後、5年以上の実務経験を有する者
3. 短期大学・専門学校・高等専門学校卒業後、9年以上の実務経験を有する者
4. 高等学校卒業後、11年以上の実務経験を有する者
5. 中学校卒業後、14年以上の実務経験を有する者
6. 技術士(建設、農業、林業、水産、環境の5部門に限る)の資格を取得後、4年以上の実務経験を有する者
7 .ビオトープ管理士2級取得後、7年以上の実務経験を有する者
8. 1級土木施工管理技士・1級造園施工管理技士資格所有者で、実務経験4年以上
9. 2級土木施工管理技士及・2級造園施工管理技士資格所有者で実務経験7年以上
10. 実務経験14年以上の者

なお、ここでいう「実務経験」とは、地域計画事業における計画、設計、研究、分析、評価などの実務や、野生生物の調査や環境改善といった自然環境の保護・保全、復元、創出に関する活動などのことを指しています。

おもな就職先・活躍の場

ビオトープ管理士のおもな就職先・活躍の場としては、土木会社、造園会社、建設会社などの民間企業が挙げられます。

これらの場では、ビオトープ管理士としての専門性に加え、土木や造園関連の知識・技術まで併せ持つ人が求められる傾向にあります。

現場でプランニングや設計・施工などの業務経験を積みながら、キャリアアップを目指していくのが一般的な働き方となるでしょう。

また、環境省や国土交通省、農林水産省といった中央省庁、また地方自治体では、ビオトープ管理士の資格を持っていることが業務の入札条件や評価基準に掲げられることもあります。

そのほか、自然環境保護関連のボランティア団体で活動する人もいます。

最近では、製造や不動産、農業など、あらゆる業種において「生物多様性」や「持続可能な社会」という言葉がうたわれるようになっており、自然事業の専門家としての役割を担えるビオトープ管理士の活躍の場は拡大傾向にあります。