ビオトープ管理士のつらいこと、大変なこと、苦労

ビオトープについて理解してもらうこと

ビオトープ管理士は、その仕事を通じて自ら生態系を守っていくと同時に、世の中の人々にビオトープの重要性や必要性を伝えていく役割を担います。

いまでは「持続可能な社会」といった言葉はよく使われるようになりましたが、具体的にどのようにすればそれが実現できるのかについては、理解できていない人も大勢いるのが実情です。

「自然は大事なもの」という認識はあっても、まだビオトープという言葉が一般にはそこまで認知されていないなかで、それに関する正しい知識を子どもから大人にまでわかりやすく伝えていくことは、やりがいを感じる反面、なかなか苦労することでもあります。

体力的に大変なときも

ビオトープ管理士は、勤務先や活動内容によっては、自然の中で身体を動かすような場面も多々出てきます。

たとえば湿原で土壌を耕したり、森の中を長時間歩きまわって調査を行ったりといった具合に、体力的に大変と感じることもあるでしょう。

とくに真夏の炎天下や、真冬に雪の中などで屋外で活動をするのは大変です。

ビオトープ管理士の資格を持つ人は土木や造園、建設といった業種で働く人も多いことから、デスクワークよりも、外に出てアクティブに動く時間が長くなりやすいようです。

難しく、大きなテーマに取り組んでいく

ビオトープ管理士が専門とする「自然」や「生きもの」は、一言ではまとめられないくらい大きな存在であり、それに絶対的な正解もありません。

地球規模で休みなく人々の営みがあり、環境も変わり続けるなかで、どのように自然を守って再生させていけば良いのかを自分で考えて、行動していく必要があります。

そして「まちづくり」や「くにづくり」といった規模の大きなテーマに取り組んでいくため、どうしても短期間での成果は見えにくいときもあり、そこに苦労や大変さを感じることもあるかもしれません。