ビオトープ管理士の1日

さまざまな場所で活躍できる

ビオトープ管理士は、土木、造園、建設など、自然と密接に関わるさまざまな業種で活躍することができる仕事です。

実際には「ビオトープ管理士」という職名で働く人はあまり多くなく、技術者としてなど、他の業務に携わりながらビオトープに関する専門的な知識や能力を生かしていくことになります。

1日の過ごし方は勤務先の種類や、主な仕事内容によっても変わってくるといえるでしょう。

ここでは、そんな多様な働き方があるビオトープ管理士のある1日を例にとって紹介します。

造園会社で働くビオトープ管理士のある1日

8:30 出社

作業着に着替えて、パソコンでメールチェックを行います。

8:50 朝礼

部署全体で朝の挨拶と、連絡事項を共有します。

9:00 新規プロジェクト会議

官公庁のお客さまから依頼を受けた緑地管理の新規プロジェクトの進め方について、チームメンバーで会議。

緑の取り入れ方など、ビオトープ管理士としての専門的な意見をどんどん提案します。

10:30 現場へ

幼稚園の園庭のビオトープ造成の案件を担当。車で現場へ移動し、計画書に基づいて作業を進めます。

13:00 昼休憩

作業がひと段落ついたところで休憩をとり、昼食を食べます。

15:00 帰社

社内に戻り、会議で使用した資料を整理します。

16:00 社内で講師を務める

社内におけるビオトープ管理士の資格取得を推進する取り組みの下、研修を開催。

有資格者の社員の中から代表して、ビオトープの概念などをまとめたオリジナルテキストを使用し、講師を務めます。

17:30 業務日報作成

当日の業務内容について日報にまとめます。

後日、見直した際に改善点や問題点がすぐに把握できるよう、できるだけ簡潔でありながらわかりやすく記載することを心がけます。

18:00 退社

資料作成などのデスクワークが溜まっている日は、残業時間が増えることもあります。