ビオトープ管理士の現状と将来性

他のスキルや資格も併せ持つことが必要

自然環境や生物多様性の保全が国際的に推進されるようになった現代社会において、自然に関する正しい専門知識と技術を持つビオトープ管理士の存在意義は、大きなものとなっているといえるでしょう。

ただし、ビオトープ管理士資格はあくまでも民間資格であり、世間ではまださほど認知度が高くないのが実情です。

そのため、この資格を生かして働きたいのであれば、別のスキルや資格まで習得する必要があるといわれています。

たとえば、造園分野であれば国家資格である「造園施工管理技士」などを併せ持つことによって、携われる業務の幅を広げていくことができます。

活躍の場は広がっている

ビオトープ管理士の資格を持つ人は、造園や土木、土地開発、環境調査などの企業で働く人が多いとされています。

ビオトープ管理士資格単独では就職や収入につながりにくいですが、上記のような種類の企業へ就職して実務経験を積み、ビオトープ管理士の1級資格を取得することによって、昇進や収入アップを実現させることもできるでしょう。

何といっても頭で理解したことを実践できるかどうかが重要視されるため、現場での実務能力を高めていくことが必要になります。

世の中全体で環境への関心は依然として高く、重要な役割を担う立場であることは間違いありません。

専門的な知識と技術を身につけることによって、大きな活躍も期待できます。

資格の生かし方はさまざま

ビオトープ管理士は「技術者」としての面が強い仕事ではありますが、環境教育の指導者として活躍する人も少なくありません。

たとえば学校などにおけるビオトープ環境作りに携わったり、子どもたちや保護者に自然を守ることについてわかりやすく教えていくことも、ビオトープ管理士にとっては重要な仕事の一部になっています。

働き方についても、民間企業への就職や公務員として働くばかりではなく、自らビオトープの専門知識を生かしたNPO法人を立ち上げたり、地域のボランティアで活動している人などさまざまです。

資格の生かし方については、多様な可能性が広がっているといえます。