ビオトープ管理士の仕事、業務内容

「ビオトープ」とは何か

「ビオトープ」といっても、一般の人にとってはあまり馴染みのない言葉かもしれません。

ビオトープ(ドイツ語でBIOTOP)とは、「生きもの(BIO)」と「場所(TOP)」から成る言葉で、地域の野生の生きものたちが生息・生育する空間を意味します。

具体的には、森林や湖沼、草地 河川、湿地、砂地、岩場など、自然界の生きものが安定して生息するあらゆる場所がビオトープとなります。

ビオトープ管理士の役割

私たちは、日々当たり前のように「自然を大切に」「環境問題に取り組みましょう」といったことを言い、見聞きしますが、そもそも自然破壊や環境問題の本質的な要因は、人間が出すゴミや廃棄物の問題と、野生生物の絶滅による自然生態系の破壊の問題に大別されるとされています。

このうち、「野生生物の絶滅」というポイントに焦点を当て、そこに関わる問題を解決していくのがビオトープ管理士のおもな役割です。

私たちが豊かに生きていける環境は、自然のしくみ、つまり健全な生態系ピラミッドによって支えられていることがわかっていますが、これは上記のような要因によって崩れてしまうと考えられています。

野生生物は生息地・生育地、つまりビオトープが破壊されることによって絶滅につながります。

逆にいうと、野生生物が生きる土地や空間を守ることは自然を守ることにつながります。

ビオトープ管理士は、人間が自然と共存しながら長きにわたって安心して暮らしていくために、ビオトープを再生して自然地を増やす取り組みを行い、自然生態系や生物多様性を健全な状態に戻すという役割を担っています。

具体的な仕事内容

ビオトープ管理士は、おもに地方自治体や官庁などの行政、土木会社や造園会社、建設会社など民間企業での勤務、ボランティア団体に所属、あるいは環境コンサルタントとして活躍しています。

ビオトープの概念を導入しながら都市や農村などの地域計画を行ったり設計・施工に携わって自然環境の造成や復元を行い、それが定着するための管理を行います。

また、ビオトープ管理の専門知識を生かして、学校などにおける環境教育の指導者としての役割も担っていきます。