測量士への転職

未経験採用はあるか

近年の景気の低迷にあわせ、公共事業にかける経費は削減されてきており、そうした時代背景の影響を測量業界も強く受けています。

会社としては、未経験者を育てる時間を割く余裕がないと言うのが本音ではないでしょうか。

しかし、仮に測量の経験が無い場合でも、それ以外のポイントで強くアピールできるような強みをもっていれば採用される可能性はでてきます。

測量業務を行う業界は、測量事務所はもちろんのこと土木・建設業務をおこなう事務所も含まれます。

また、不動産業界では地籍測量を行う必要があるため、測量業務を行う業種として挙げられます。その他にも地図を作成し販売する会社も測量業務を行っています。

公務員であれば、国土地理院、国土交通省、農林水産省、ならびに各都道府県に存在する市町村の土木課などが活躍の場です。

こうした状況を鑑みて、自分の経験を生かせる要素を見つけ出し、いかにして測量業務に関連付けていくかが採用の可否を左右すると思われます。

あると良い知識やスキル、資格

測量士の資格さえもっていれば必ず採用されるかというと、現実的には厳しいものがあります。

資格が必要とされるのは事業所に一名であるため、測量士の資格だけもっていて即採用にはなりません。

企業としては即戦力となって働いてくれる人材を求めているのは他の業界と同じで、これまで積み重ねてきた経験や実績が直接会社の利益に結びつくかどうかが重要な鍵となってきます。

また、他の国家資格をあわせもっている場合には測量士の資格は何倍も重宝される傾向にあります。たとえば土地家屋調査士の資格がこれにあたります。

土地家屋調査士の仕事

地籍測量には必ず発生する登記申請の作業を行うために土地家屋調査士の資格が必要となり、測量業務とは切っても切れない関係にあります。

また測量士の資格保有者は、土地家屋調査の試験が一部免除になるという特典があります。現に土地家屋調査士に合格した人の多くは、測量士を取得してからチャレンジしています。

その他には、不動産鑑定士や行政書士の業務とも密接に関連しているため、測量士と一緒に保有するだけの価値は十分にあるといえます。