理学療法士の仕事内容

身体機能を回復させる

理学療法士は、病気や事故などで身体に障害や不自由さを抱える人、また高齢により身体機能の衰えた人などに対して、医師の指示の下でリハビリテーションを行い、運動能力の回復を援助する仕事です。

英語で「physical therapist(フィジカルセラピスト)」と言うことから、略して「PT」とも呼ばれます。

具体的には、「歩く」「座る」「立つ」「寝返りをうつ」といった身体の基本的な機能回復をサポートすることが、理学療法士の専門領域となります。

身体の構造を熟知したうえで、その人に合ったリハビリ計画を考え、「運動療法」や「物理療法」といわれる専門的な手法を取り入れながら、効果的に身体の機能を引き出したり回復させたりすることを目指します。

理学療法士と同様、リハビリテーションに関わる国家資格として「作業療法士」と「言語聴覚士」があります。

理学療法士が基本的な身体機能の回復を図るのに対し、作業療法士は作業療法による日常生活に関わる細かな動作の回復、言語聴覚士は言語聴覚療法による言語能力および聴力能力の回復を専門としています。

作業療法士の仕事
言語聴覚士の仕事

運動療法と物理療法

理学療法士が実践するリハビリには、以下のようなものがあります。

運動療法

運動を行うことによって、関節の動きをスムーズにしたり、筋力の回復を目指します。

麻痺や骨折、ヘルニアなどにより歩行や動作が困難になっている患者さんに対して歩行訓練などを行います。

物理療法

温熱、寒冷、電気刺激、水、赤外線など、薬物を用いず、物理的な手段によって治療を行います。

他の医療チームメンバーとの連携が必要

理学療法士は、単独で患者さんのリハビリを行うこともありますが、他の医療チームのメンバーとの連携をする場面も多いです。

とくに歩行訓練などでは、「歩く」という日常的に発生する動作を訓練に利用するため、他の専門職スタッフのサポートがリハビリを成功させるための重要なカギを握ります。

たとえば、患者さんと日常的に関わる看護師に対して、患者さんが歩く際の適切な支え方を伝えたり、作業療法士など別のリハビリの場面で歩行訓練を取り入れてもらったりすることをする場合もあります。

理学療法士が24時間つきっきりでリハビリを行うことは難しいため、医療チーム一丸となって、患者さんの身体機能回復の向上に向けて取り組むことが大切です。

理学療法士の勤務先

理学療法士の代表的な勤務先となるのが病院です。入院施設やリハビリ施設を備える総合病院のほか、街の整形外科などでも理学療法士が必要とされています。

このほか、リハビリテーションセンター、老人ホーム、障害者施設といった福祉施設も勤務先となります。

また、さほど求人は多くないようですが、スポーツ施設やフィットネス施設で働いたり、プロのスポーツ選手やアスリートのリハビリを専門にする理学療法士もいます。

施設別の理学療法士の人数

施設別の理学療法士の人数は、病院が最も多く43,077人となっています。次いで多いのは、医療福祉中間施設の6,392人、診療所の5,406人となります。

施設別の理学療法士の人数22のグラフ

仕事体験談