空間デザイナーになるための学校(大学、学部、専門学校、講座)

資格は必要ないが、学校で専門的なことを学ぶのは必須

空間デザイナーは何か資格が必要というわけではないので、専門の学校に通わねばなれないということもありません。

専門の学校に通わなくても、大物空間デザイナーの元などで下働きしつつ、修行をすることも不可能ではありません。

しかし、それは相当稀なケースです。

空間デザイナーとして仕事をしていくには、デザイナーとしてのセンスや知識はもちろん、照明や、設備など建築系の専門的知識なども必要となります。

アルバイトとして働く際も、まったく知識のない人と、基礎程度の知識がある人とでは先輩の受けや仕事の流れ方も全然違います。

一生の仕事として目指すなら、やはり少なからず専門の学校で学んだ方がよいといえるでしょう。

スタンダードかつ、最も就職に強いのは「美術大学」

空間デザイナーを目指して学校に通うという場合、スタンダードなのはやはり美術大学や専門学校に進むことです。

有名なところだと武蔵野美術大学の空間デザイン学科などがありますが、ほとんどの美術大学には、空間デザイン科、ないしはインテリア系の学科があります。

入学当初は「立体系」としか選べない美術大学でも、3年時に細かく選択ができるようになる学校がほとんどで、たとえば前述の武蔵野美術大学でいうとセノグラフィ、インテリアデザイン、環境計画、ファッションデザインなどに分かれます。

1〜2年時でデザインの基礎を学び、3〜4年時で装飾・照明・空間演出などの専門的な分野を勉強する大学がほとんどです。

しかし美術大学には学科&実技の入学試験があり、とくに実技は予備校などでの勉強が必要なくらいの技術や実力が要求されます。

選ばれた人しか入れない大学ということもあり、社会に出てからの評価やブランド力はかなり大きなもの。

教授陣には著名なデザイナーが並び、施設も充実しています。

当然就職にもかなり有利になります。

まだ学生で、お金と時間に余裕がある場合は一度は美術大学を検討してみるのもよいでしょう。

年々レベルも高くなっている「専門学校」

美大に次ぎ、デザイン系の専門学校も授業や施設などはかなり充実しています。

ほとんどの専門学校が2年〜3年制で、美大よりも1年〜2年短いためにインテリア、ディスプレイ、環境計画など、最初からかなり細分化されて分けられているのが特徴的です。

最近では有名なデザイナーを講義に呼んだりと、美大とほぼ変わりのないレベルを学べる専門学校も増えてきています。

ほとんどの専門学校が2年〜3年制で、大学よりも短いため、最低限の基礎デザインを学んだらあとは装飾・演出などの専門分野の学習に入ります。

学ぶ年数が短い分、課題や宿題は多く大変なこともありますが、その分集中してみっちりと学べます。

入学試験は特にない学校も多く、あったとしても簡単な論文や基礎的なデッサン、面接程度といった学校も多く、美大に比べると難易度も低めです。

社会に出て早く実践を学びたい人には特におすすめです。

転職を考えるなら「キャリアアップスクール」

夜間や土日に講義のある、キャリアアップスクールにもデザインを学べるところは多くあり、そこで空間デザインを学ぶ人も少なくありません。

仕事をしながら、まずは軽く学んでみて向き不向きを判断できるのが利点。

また同じような境遇の仲間との出会いもあります。

その分授業料は若干割高なところも多いですが、それはキャリアアップスクール全体の特徴ともいえるでしょう。