環境コンサルタントの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

環境コンサルタントを目指すきっかけで多いものは?

環境コンサルタントになりたいと考える人の多くは、もともと自然や生物、環境について興味があり、それらの勉強をしているなかで、この仕事について知ったという人が多いようです。

環境問題は世界共通の重要な課題であり、広い視野を持って大きな問題に取り組んでいきたいという思いが、この仕事を目指すきっかけになっている人もいるようです。

環境コンサルタントの志望動機の考え方

環境コンサルタントという職業は、世の中で環境問題や環境保全について取り上げられることが増えたなかで、徐々に認知度が高まってきているといわれます。

環境を専門にする環境コンサルタントは、社会のさまざまな方面から必要とされている仕事であるため、ニーズをしっかりと把握し、自分がそこでどんな力を発揮できるかを盛り込みましょう。

学生時代に環境保全のボランティア活動をしていたり、実際に環境学や生物学について学んできたりした人であれば、より具体的に志望動機を伝えやすくなるでしょう。

環境コンサルタントの志望動機の例文×3

企業の強みを盛り込んだ志望動機

「幼いころから地域の河川で自然の保護活動に取り組み、大学でも環境学を学びました。

自分の経験や知識を生かしたいと思ったとき、河川や港湾などの環境分野に強い貴社に興味を持ちました。

建設コンサルタント会社のなかでも環境コンサルタント事業に強い貴社で、環境保全に関する分野に関わり、積極的に取り組んでいきたいと思います。」

環境問題への思いを盛り込む志望動機

「もともと地域の環境保全に関心があり、大学で自然科学について学び、環境問題についてさらに深く知りたいと思い大学院へ進学しました。

勉強するなかで、貴社が地元企業の環境コンサルタントを担当していること、地元企業に大きく貢献していることを知りました。

ぜひ貴社で環境コンサルタントとして働き、地元の環境保全に関わりっていきたいと思います。」

将来の夢を盛り込んだ志望動機

「もともと動物が好きで、動物や自然に関する仕事をしたいと思っていましたが、貴社の説明会で、環境に対する取り組みのすばらしさに感銘を受けました。

海外で活躍している人も多いと聞き、将来的に海外に活動の場を広げたい自分にピッタリだと思いました。

大学では環境調査や動物の生態調査などをしてきましたので、自分の知識やスキルを海外でも生かせるよう、努力を重ねていきたいと思います。」

環境コンサルタントの面接で聞かれること・注意点

面接では大学などで勉強してきたことや、スキル・資格の確認などが行われることが多いようです。

環境コンサルタントはクライアントと対面でコミュニケーションをとることが多く、面接では人間性や対人関係スキルも強く見られると考えておいたほうがよいでしょう。

コンサルタントには論理的思考力が求められるため、面接での答え方はできるだけ簡潔に、要点をしぼって伝えるように心がけましょう。

なお、環境コンサルタントが活躍できる会社は、各社で事業内容が異なっているため、志望先のクライアントの種類やおもな業務内容について、できるだけ調べておく必要があります。

また、環境コンサルタントとして海外で働ける会社もあるため、そうした会社を受ける際には、英語力についてのアピールや、グローバルな視点でビジネスに取り組む姿勢を伝えるようにするとよいでしょう。

環境コンサルタントの自己PRのポイント

環境コンサルタントの仕事をする上では、クライアントの課題やニーズを見極め、解決のための提案をする一連の流れが重要です。

学生時代に自然に関する調査研究を行ったり、環境問題に取り組んだりしたエピソードがあれば、より具体的にアピールすることができるでしょう。

また、コンサルタント業では、価値観や立場の異なる人と協力して結果を出すことが求められます。

チームで何かに取り組んだことや、多くの人と協力して問題を解決したことなどがあれば、自己PRに盛り込むとよいでしょう。

環境コンサルタントの履歴書で気をつけるべきことは?

環境コンサルタントになる際には、特別な資格は必要ありませんが、技術士やビオトープ管理士、技術士補や測量士補などの資格を取得していれば記載するようにしましょう。

また、自分が進みたい分野によって「この資格を取得したい」と自己PRに盛り込むのもよいでしょう。

ビオトープ管理士の仕事

環境コンサルタントの志望動機で悩んだら、転職エージェントに相談してみよう

未経験や中途で環境コンサルタントへの転職を目指しているものの、志望動機や面接に自信が持てない場合は、転職エージェントで無料で添削を受けるのもおすすめです。

転職アドバイザーがしっかりサポートしてくれるので、書類通過率や合格率をアップさせることができます。

また、転職アドバイザーから、業界情報を聞くことができたり、環境コンサルタントの「非公開求人」の情報を得ることができます。

まだ転職するか迷っているという段階でも、早めに専門家のアドバイスを聞くことでキャリア選択の幅を広げることができるでしょう。

リクルートエージェントは、転職エージェントの中で最も求人数が多く、転職実績もNo.1となっているので、まず登録しておきたいエージェントです。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20s」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。

なお、対応エリアは「一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀」となります。

どちらも登録・利用はすべて無料なので、ぜひ両方とも登録して気軽に相談してみてください。