環境コンサルタントの一日

デスクワークも、外回りをすることも多い

環境コンサルタントは、企業や官公庁などのクライアントに対して、環境の専門家としてさまざまなアドバイスを行っていきます。

仕事の流れは人によってまったく変わってきますが、提案資料作成や情報収集などのデスクワークをする時間もあれば、クライアントの元を訪問して打ち合わせを行うこともよくあります。

ここでは、近年需要が高まっているといわれる、企業をクライアントとして、クライアントのCSR活動についてコンサルティングを行う環境コンサルタントのある1日の過ごし方を紹介します。

環境コンサルタント(CSR系)のある1日

8:00 出社

朝早いほうが集中できるので、早めに出勤。

パソコンを立ち上げて当日の予定確認やメールチェックをします。

9:00 始業

簡単なチーム内でのミーティングがあり、プロジェクトの進捗報告や情報共有を行います。

10:00 情報収集

クライアント訪問に向けて、環境保全に関する最新の情報を集めます。

11:00 クライアントと打ち合わせ

以前提案したCSR活動の内容について、社内での実施状況と成果について確認。

クライアントが抱えているニーズをヒアリングし、次回の提案につなげます。

13:00 昼食

オフィスへ戻る途中で昼食を食べます。

14:00 資料作成

午前中の打ち合わせの結果を報告書にまとめます。

16:00 部内会議

大型の新規プロジェクトが入ったため、アサインされたメンバーが集まって進め方などを話し合います。

17:00 提案資料見直し

翌日訪問するクライアントの提案資料の見直しを行います。

19:30 退社

溜まっていたクライアントからのメールを返信し、翌日の準備ができたら会社を出ます。