環境コンサルタントの仕事内容

環境コンサルタントの仕事とは

環境コンサルタントとは、企業や官公庁、その他の各種団体に対して、環境保全の専門家として問題解決のためのアドバイスをする仕事です。

「コンサルタント」といわれる部類の仕事にはさまざまな種類がありますが、なかでも環境コンサルタントは環境保全に関する専門知識を持ち、さまざまな提案やアドバイスを行います。

環境コンサルタントの業務の内容

環境コンサルタントといっても、業務内容を細かく見ていくと、いくつかの分野に分けることができます。

いずれの場合でも、環境コンサルタントはクライアントが抱えている問題や課題を分析し、データを集めて調査や解析を行いながら、より良い方向に導くための企画立案や制度設計を行っていきます。

環境・CSR系

「CSR」とは、「企業の社会的責任」を意味する言葉で、企業が社会の一員として貢献していくための活動を示します。

CSR活動としては、たとえば事業以外での地域貢献活動や環境保全活動などが挙げられ、現代では社会から認められるためにCSRに力を入れる企業が増えています。

この分野で活躍する環境コンサルタントは、多様な業種の企業をクライアントとし、その企業の状態を見ながらどのようなCSR活動を行うべきかアドバイスします。

また、CSRレポートや報告書の作成支援、CSRに関連する経営の提案などを行っていきます。

建設系

大規模な建設工事や道路工事などの開発事業が行われる際に、環境への影響を調査・予測・評価する仕事です。

この調査は「環境アセスメント」と呼ばれ、大きな工事の際には法律によって実施することが義務付けられています。

この分野の環境コンサルタントは、国土交通省が規定している建設コンサルタントから派生したものと考えられており、もし工事が環境に大きな悪影響を及ぼすことがわかれば、改善策なども提案します。

法規制系

環境に関連する法律が多々あるなか、企業が事業を営むうえで、規制をクリアするためのアドバイスを行います。

環境コンサルタントの役割

いまや環境問題は日本だけでなく、世界共通の重要テーマであり、どのような業種の企業も環境に配慮した事業やサービス展開を行うことが求められています。

いくら機能的に素晴らしい製品を作ったとしても、それが環境に悪いものであれば、世の中から受け入れられることは難しいのが実情です。

現代社会では、それだけ企業にとって「環境への配慮」が不可欠なものとなっており、プロの目線で環境保全についてアドバイスできる環境コンサルタントが求められています。

環境コンサルタントが携わる仕事の範囲は広く、いくつもの分野にまたがるコンサルティングを行っていることもあります。

社会全体で環境保全に対する取り組みが活性化しているなか、環境コンサルタントに期待される役割は以前にも増して大きくなっているといえるでしょう。

環境コンサルタントの勤務先の種類

環境コンサルタントのおもな活躍の場は、環境問題を専門に扱う調査会社や研究所、コンサルティング会社などです。

学校を出てこれらの企業等へ就職し、「環境計量士」や「環境アセスメント調査員」など環境に関連する専門的な資格を取得し、活躍している人が多くなっています。

環境問題への意識が高まるなか、ますます仕事の広がりが期待されています。

環境コンサルタントと関連した職業

環境コンサルタントと関連する仕事に「環境計量士」があります。

環境計量士は、環境を調査する専門職で、一般的には計量法に基づく経済産業省所管の国家資格を持って環境分析などの仕事に従事する人のことを指します。

おもに大気や水質について、また騒音と振動について計量を行い、よりよい環境づくりに役立たせることが仕事です。

環境計量士の仕事