家具職人に向いている人、適性

家具職人に求められること

手先の器用さ、集中力、忍耐力

家具職人は、0.1ミリ単位で精密な作業を行いますので、手先の器用さが求められます。緻密な作業を行うための集中力も必要になります。

一人前になるまで研鑽を積むためには、忍耐力がなければ務まりません。

体力

そういった繊細さの半面、立ち仕事がほとんどですので、長時間立ち続ける体力も必要とされます。細かな作業が好きでありながら、タフでもあることが求められます。

素直さ

先輩職人に仕事を教わる機会が多い仕事ですので、素直な性格であることも大切といえるでしょう。

モノ作りが好き

オーダーメイド家具の世界は、マニュアル化できない緻密な作業や覚えることが多く、日々努力を重ね続けなければなりません。

何よりも、モノ作りがしたいと思う強い気持ちが大切とされます。

責任感

家具職人は、納期厳守の仕事です。作業の行程上、納期が間に合わない場合には、勤務時間を超過することや、休日を返上しての作業となることがあります。

そういった場合にも、責任感を持って、臨機応変に対応できる人材が求められています。

独立を考える場合

将来的に独立して工房を構える場合、家具のデザインから製作までを一貫して行う工房もあります。

家具デザインも合わせて行いたい場合には、独創的なアイディアを生むセンスも必要とされます。経営者的な立場になるためには、営業的センスや経理的知識も求められます。

独立を目指す場合には、人付き合いが好きで、コミニケーション能力があることや、数字に明るいことも重要となってきます。