家具職人の求人状況・就職先選びのポイント

家具職人の就職先にはどんなところがある?

家具職人を志願する人はまず、家具関連の企業、工房等へ就職します。

多くの企業や工房は未経験者を見習いとして受け入れており、努力して技術を習得すれば独立することも可能です。

家具職人の求人の状況

家具職人の求人は常にある状態ですが、ほとんどが経験者を対象としています。

ただし、未経験者の受け入れを可とする企業も少なからずあり、繁忙期等の期間限定のアルバイト求人は未経験者を歓迎とするところが多いようです。

場合によってはアルバイトから正規雇用されることもあるので、まずはアルバイトとして経験を積むのも一つの方法です。

家具職人の就職先の選び方

家具職人を目指す人の多くは、家具メーカーや工房に就職します。

ある程度職人の数も多い家具メーカーの場合は、大型の機械を使い、基本となるデザインをもとに家具を生産していきます。

一方工房の場合は、お客さまの要望を一つ一つ聞きながらオーダーメイドで家具を作成することが多く、デザインから制作まで一人でこなすことも少なくありません。

それぞれにメリットやデメリットがあるので、自分がどのように働きたいか、どのような家具を作りたいかなどを具体的に考えた上で選ぶことが大切です。

また、家具職人として製品づくりをしながら、職業訓練校や専門学校で後進を育てる講師として働く人もいます。

家具職人の志望動機・面接

家具職人を志望する人は、もともとものづくりが好き、インテリアや家具が好きという人が多いようです。

また家具職人は一人で黙々と仕事をするイメージが強いため、そうした世界で自分の腕一本で活躍したいと考える人も多いようです。

家具職人の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

学校からのあっせん

職業訓練校で木工の基礎を学び、所定の課程を修了すると、就職先のあっせんを受けることができます。

訓練校から紹介される企業や工房は長年修了生を受け入れている実績があったり、見習いの受け入れに積極的であったりするところばかりであるため、比較的スムーズに入社できる傾向にあります。

広告やインターネットを利用

広告や求人サイトを見ると、家具職人の募集は常時一定数見つけることができます。

中には未経験者歓迎、見習い可という文言も多く見受けられるので積極的に応募しましょう。

その際、手当たり次第に応募するのではなく、一つひとつの企業の特色を理解し、納得した上で志願することが大切です。

家具を製作している企業や工房にはそれぞれの理念があり、製品もまったく異なります。

先方が理念や家具作りの思いに賛同してくれる志願者を求めるのは当然のことです。

まずはその企業や工房の研究をすることから始めましょう。

また、未経験者歓迎の字面をそのまま鵜呑みにすることは避けるべきです。

同じ求人に経験者が応募してきた場合、当然不利になるのは説明するまでもありません。

未経験者の唯一のアピールポイントは情熱です。

給与や待遇などを度外視しても家具職人として働きたいという熱い気持ちを面接で伝えられるようにしておきましょう。

飛び込みで応募

どうしても入りたい企業や工房がある人は、募集の有無に関わらず飛び込みで志願するという方法もないことはありません。

企業や工房にもそれぞれの状況があるため、成功率はあまり高いとはいえませんが、自身の製作した家具に惚れ込まれるのは、職人冥利に尽きることでもあるため、場合によっては採用の道が拓けることもあります。

どうしても働きたいと心から思える企業や工房があるのであれば、この方法を試してみるのも一つの方法です。