家具職人のやりがい・楽しさ・魅力

家具職人のやりがい・楽しさ

ゼロから家具を生み出す

家具の製作は、多くの場合材料の切り出しからすべての工程を、一人の職人が担当することになります。

何もないところからスタートし、誰の手も借りずに作業を進めることには当然困難も伴いますが、その分、製品が完成した時の達成感は何にも代えがたいものです。

これこそが家具職人の醍醐味といえるかもしれません。

人に喜んでもらえる仕事

家具職人にとって最大の喜びは、製作した家具が誰かの手に渡り、実際に使われることです。

購入した人の生活に馴染んで初めて、その家具が完成すると考える家具職人もいるほどです。

納品後の修理やメンテナンスを含め、数十年にわたって付き合いが続くことも珍しくありません。

自分の製作した家具が、長い時間が経っても現役で使われているのを見た時には職人として大きなやりがいが感じられることでしょう。

大量生産の安価な家具が多く流通し、使い捨てが主流となりつつある昨今、家具職人たちは何世代にもわたって使い続けられる製品づくりに日々励み、日本の家具文化を支えています。

ものづくりの楽しさ

家具職人を目指す人は、手先を動かすことを得意としており、家具を製作する作業そのものに携われることを喜びと感じる人が多いのです。

一日中、誰とも話さず、食事をとるのも忘れて作業に没頭することもある家具製作の仕事には苦労もつきものですが、ものづくりの楽しさを誰よりも知り、誰よりも愛する家具職人たちはやりがいを強く感じながら日々作業に励んでいます。

独立できる可能性

長い修業期間を経て独立し、自分の工房を持つことは言葉で表せないほど感慨深いものです。

それは厳しい見習い時代の苦労もすべてが吹き飛ぶ瞬間です。

修行中に経験したことを生かしながら、自分の信念のもとに家具製作に打ち込める環境を得ることは職人にとって最大の幸せであるといえるでしょう。

周囲からの評価

コンクールに出品し、客観的な評価を得ることでさらに製作へのモチベーションが高まることもあります。

国内外問わず、さまざまな規模で家具のコンクールが開催されており、業務との両立しながら作品制作に励んでいる家具職人も少なくありません。

業務の合間を縫っての作品制作は、時間的にも体力的にも楽なものではありませんが、コンクールで評価されることは自分の実績になるため、家具職人としてやっていく上で大きなプラスとなります。

家具職人の仕事内容

家具職人の魅力

センスやアイデアを生かせる仕事

オーダーメイド家具の注文は漠然としていることが多く「おしゃれなダイニングセット」や「便利なキャビネット」など具体性に欠ける注文も珍しくありません。

しかし、こんな時こそ、作り手の腕の見せ所であるといえます。

顧客の要望に耳を傾けながら、より良いアイデアを提供していくのが職人の仕事で、独自のセンスを生かすことができることに魅力を感じている家具職人が多いのです。

努力次第でスキルアップ

家具職人の技術に完成はありません。

職人たちは、よりよい家具を作るために常に探究心を持ち、時代の流れにアンテナを張り巡らせながら日々努力しています。

そのため、新しい家具の展示会に出かけて感性を養ったり、木材に対する理解を深めるために、実際に林業に携わったりと、枠にとらわれない活動を大切にしている家具職人も少なくありません。

いくつになっても成長や進化を実感できることは家具職人という職業を支える魅力の一つであるといえます。