ダンサーの現状と将来性

ストリート系ダンスに注目が集まっている

バレエ、ショー、ミュージカル、クラブイベントなど、さまざまな場所でありとあらゆるダンスが踊られています。ダンサーは、日本国内でも芸術や文化、エンターテインメントの一部を担う、重要な役目を担っていると言えるでしょう。

習い事などで幼い頃からダンスに親しむ人も多いですが、特に近年、新学習指導要領により中学校の保健体育の授業でダンスが必修化され、ヒップホップといったストリート系のダンスに興味を持つ子どもが増えているようです。

今後はこのようなジャンルのダンサーを目指す若者が増えることが予想される一方、一般の学校教師では正しくダンスを指導できないケースもあるため、知識と技術を持った上で指導ができるプロダンサーの需要も高まっていくものと考えられています。

厳しい世界で生き抜く覚悟が必要

どのようなダンスを専門にするとしても、踊りだけで生活していくのはとても大変です。ジャンルとしては、やはりストリート系の勢いが盛んになっていますが、単発の仕事が多いため毎回実力で仕事を勝ち取っていかなければなりません。

ただ、しっかりと仕事をこなしていけば、関係者から直接声をかけてもらえる可能性も高まり、次のステージへ一歩進むことができるでしょう。

肉体が資本である以上、年齢と共に踊り続けることは難しくなってきますので、健康で強い身体を維持することも大切です。ライバル同士の競争が激しく、次から次へと優秀な若い人材が出てくるこの世界では、努力を怠らない人だけが輝き続けることができます。

仕事体験談