薬剤師になるための学校・大学

全国で急増した薬学系の大学

薬剤師は、国家資格を取得している人だけが就くことができる職業であり、国家資格を取るためには薬学が学べる大学を卒業することが必須条件です。

薬学系の学科を設置している大学は、全国に74校あります。「国立」「公立」「私立」とさまざまな大学があり、北は北海道、南は宮崎まで全国の都道府県に設置されています。

かつて日本にはこれほど多くの薬学系の大学はありませんでした。

しかし、2004年頃から政府の規制緩和の影響を受けて私大の薬学部の開設が相次ぎ、かつては46校だった薬学部の設置大学が74校にまで増えたのです。

このような状況は、薬剤師の供給過多につながる危険性がある一方で、薬学を学びたいという人にとっては学ぶチャンスを手に入れやすい環境になっていると考えることができます。

薬学系の大学は6年制に

薬剤師をめざす人は、こうした薬学系の大学に入学し、6年課程で必要な学問を学習します。

大学では「有機化学」や「生物化学」「薬剤学」「疫病学」などの授業から調剤薬局での実習まで、薬学に関する幅広い知識や技術を身につけます。

このカリキュラムを無事にこなし、6年制の課程を卒業した人か卒業見込みの人だけに、薬剤師国家試験の受験資格が与えられることになります。

このように聞くと「薬学部は4年制ではなかったのか?」と思う人もいるかもしれません。実は、薬学部はずっと4年制の課程だったのですが、平成18年4月の入学者からは制度が変わり、医学部や歯学部と同じように6年制の課程を終えなければ国家試験を受験できなくなりました。

これから薬剤師をめざす人は、必ず6年間の履修が必要になります。