鳶職人の仕事内容

高い場所で活躍する作業員

鳶職人は、建設現場で働く建設作業員の中でも、高い場所での作業が多く、危険を伴う専門性の高い職種です。

一口に高所作業といっても、担っている作業には、いくつかの種類があります。

鳶職人の仕事内容について見ていきましょう。

鳶職人の種類

鳶職人は、携わっている作業によって、「足場鳶」「鉄骨鳶」「重量鳶」と分類して呼ばれることがあります。

「足場鳶」とは、建設現場で足場を組む鳶職人です。

足場を組む作業は、建築図面から建物をイメージして、後から作業に入る、他の職種の職人の作業性がよいように、作業効率を考えて行うことが求められます。

「鉄骨鳶」とは、鉄骨造の建物において、建築図面をもとに骨組を組む職人をいいます。鉄骨をクレーンでつり上げて、高所で組み立てを行います。

「重量鳶」とは、足場鳶と鉄骨鳶と比べて、専門性がより高い鳶職人です。

建設現場での重量鳶は、建築物の内部に機械などの重量物を据え付けます。土木工事における重量鳶は、橋脚工事において主桁架設などを行います。

「足場鳶」「鉄骨鳶」が一般的によく知られる鳶職人です。

「鉄骨鳶」と「足場鳶」の、双方を兼ねている場合もあります。鉄骨造においては、鉄骨を組んだ後に、足場を組み立てますが、同じ鳶職人が、足場の組み立てと鉄骨の組み立ての両方を担うことがあります。

はじめは見習いからスタート

鳶職人は見習いから始まります。最初は先輩職人の手元や非常に重い資材の運搬がメインであり、真夏も真冬も外での作業が続きます。

事故を絶対に起こさないようにという気持ちから出てきているものですが、先輩からの厳しい指導もよくあることです。

体力面、精神面ともに、慣れるまでは少しきつい仕事です。

職長とは

一人前の職人になって何年か経つと、「職長」というポジションで、建設現場を任されるようになります。職長は、他の鳶職人を指揮監督する立場であり、工程管理・施工管理・安全管理といった仕事を行います。

建築現場で、安全面での配慮を行うとともに、作業手順を考えて計画し、手順通り進むように管理を行います。