整体師への転職

門戸は広い

整体師を目指すにあたり「遅すぎる」ということはないと考えていいでしょう。

その大きな理由が整体師には必須資格がないということ。

転職の際にネックになる資格取得の必要がないということは整体師の門戸を大きく広げているということができます。

未経験者受け入れにも寛容

経験者が優遇されるのは言うまでもありませんが、未経験者でも採用されるチャンスは大いにある業界です。

もちろん、人柄や情熱などアピールできるものは必要ですが、経験ゼロでも挑戦できることはこの業界の大きな魅力であるといえるでしょう。

教育機関は修了しておくべき

整体師の基礎は専門学校で固めるのが一般的です。

必須資格がないとはいえ、学習経験があるのとないのとでは大きく差がつきます。

どの専門学校であっても卒業時には民間資格が付与されるため、是非取得を目指しましょう。

とはいえ、転職者の場合、入学が難しいこともあるかもしれません。

夜間コースや通信コースの設置がある学校を目指すなどして工夫するといいでしょう。

それも難しい場合は養成スクールや通信講座も併せて検討するなどして、とにかく学習の機会を作る必要があります。

安易な転職は危険

これは整体師に限ったことではありませんが、現在就いている職を辞して新天地を目指すということは当然リスクも伴います。

収入の大幅ダウンを筆頭に年齢的な問題など熟慮に熟慮を重ねてから転職活動に入るべきでしょう。

整体師は前述のように門戸が広いこともあり、安易に転職を考える人が多いのが正直なところです。

さらに自己資金が少なくても独立開業を目指せるということで一攫千金を目指してこの業界に飛び込む人もゼロではないのが現状です。

整体業界は極めて競争率の高い厳しい世界であることを強調しておきます。

成功するのは至難の業なのです。

整体師への転職を考えている人は自身の身体の不調をきっかけに整体と出会い、魅せられたといったような強い情熱を持った人が大多数です。

その情熱なくして成功はありえません。

整体師への転職を考えている人は志望動機を始めライフプランや収入モデルなどをいま一度具体的に考える必要があるでしょう。

仕事体験談