社会人から整体師になるには

社会人から整体師になるには

社会人を数年経験した後、整体師になる人はたくさんいます。

整体師は理学療法士やあん摩マッサージ師などとは異なり、国家資格ではありませんので、整体師になるのは比較的容易です。国家資格が必要な医療系職種とは異なり、大学や専門学校に通うことが義務づけられているというわけではありません。

さまざまな患者さんと接するので、社会人経験が思わぬところで役に立つこともあります。それまで、一生懸命仕事をしてきた人であれば、面接のときに評価されることでしょう。

また、学歴や年齢があまり問われないため、高校中退後のキャリアとして整体師を考えたり、あるいは定年後に整体師になったりする人もいます。

整体スクールに通う

整体師は、患者さんの身体の痛みを和らげることが主たる業でありますので、整体師になろうと思っているのであれば、専門的な知識やテクニックを学ぶ必要があります。

整体師になるのに必要な知識や技術を身に付ける場合、整体スクールに通うことが一般的です。

整体スクールの費用は10~30万円程度が相場となっています。

整体スクールの場合、土日集中コースが設けられているスクールもありますので、社会人として働きながら技術を習得することも可能です。

住んでいる地域の近くに整体スクールがない場合には、整体スクールが開講している通信講座を利用して専門知識や技術を習得するという方法もあります。

通学のスクールよりもリーズナブルで、10万円もかからないところもあります。

ただし、やはり実技を学ぶことが大切なので、通信講座のみで実践で通用する技術が身につくとは思わないほうがいいでしょう。

働きながら技術を身につける

整体院で見習いとして働かせてもらいながら、現役の整体師に直接指導を受けるのも、技術を身につける方法の一つです。

整体スクールや通信講座で学んだとしても、すぐに実践の場で活躍できるレベルの人はごくわずかです。

理論と現場とは異なりますので、実際の現場で体得するほうが効率的であるともいえます。

仕事体験談