「公認心理師」とは

公認心理師_画像

日本初の心理系国家資格。心の問題を抱える人の相談にのって、助言や援助などを行う。

公認心理師は、心理学に関する専門的知識や技術をもって、心の問題を抱える人に対して相談や助言、指導その他の援助などを行う仕事です。

「公認心理師」の国家資格を持つ人のことをいい、心理学の専門的立場から適切な助言や援助を行い、子どもからお年寄りまで、不安や悩みなどを抱える依頼者の心が健康に向かうように支援していきます。

公認心理師になるには、公認心理師試験を受験し、合格する必要がありますが、この試験の受験資格を得るには、大学の心理学部・学科や大学院で公認心理師に必要な科目を学ぶなどの道をたどらなくてはなりません。

新しい資格であることから給料や将来性は未知数ですが、臨床心理士と同様に医療・教育・産業・福祉・司法と多岐にわたる領域で活躍でき、国家資格保持者としての信頼度は高くなるであろうと考えられます。

これまで心理職は雇用の不安定さが課題とされていましたが、公認心理師は常勤の採用が増え、安定した環境で働ける人も増えるかもしれません。

「公認心理師」の仕事紹介

公認心理師の仕事内容

公認心理師は、心理学に関する専門的知識や技術をもって、心の問題を抱える人に対して相談や助言、指導その他の援助などを行う仕事です。「公認心理師法」を根拠とする国家資格を持つ人のことをいい、心理学の専門的立場から適切な助言や援助を行い、子どもからお年寄りまで、不安や悩みなどを抱える依頼者の心が健康に向かうように支援していきます。活躍の領域は医療・教育・産業・福祉・司法と幅広く、人が生活するあらゆる場所で需要がある仕事です。

公認心理師になるには

公認心理師になるには、公認心理師試験を受験し、合格する必要があります。公認心理師試験の受験資格を得る方法はいくつかありますが、代表的なものは大学の心理学部・学科や大学院で、公認心理師に必要な科目を学ぶ方法です。公認心理師の資格取得後は、病院や保健所、児童福祉施設、学校、少年院、民間企業など、多岐にわたる場所で働きながら、臨床経験を積んでさらに専門性を磨いていきます。

公認心理師の給料・年収

公認心理師は資格ができてから日が浅く、この資格を持って現場で活躍する人がまだ少ないため、正確な給料・年収を割り出していくのは難しいのが実情です。ただし、仕事内容が近しい臨床心理士をベースに考えると、平均年収は300万円~500万円程度がボリュームゾーンとなるでしょう。ただし公認心理師は国家資格である分、給料や待遇面でも優遇される可能性があり、場合によってはさらに大きな収入を得ることも可能になるものと考えられます。

公認心理師の現状と将来性・今後の見通し

心理系資格として日本初の国家資格である公認心理師が誕生したことで、業界内外では大きな注目を集めています。公認心理師は臨床心理士と同様、多岐にわたる領域で活躍することができ、心理の専門職として病院や学校などでも優先的に採用されるケースが増えると考えられます。現状では就職や転職状況については未知数ですが、常勤の採用が増え、雇用の安定化が進むことも期待できます。新しい職業であることから、将来性については最新の情報を追いながら慎重に見ていく必要があるといえるでしょう。