仕事内容

大工と宮大工の違い

木組み工法と在来工法 日本の建築物は古くより「木組み」と呼ばれる工法で建てられてきました。釘や補強金物を使わず、木材を組み合わせることだけで骨組みを作ってきたのです。 しかし、木組み工法は工期が長く、使用する木材もすべて […]

宮大工の技術

木組み工法とは 日本古来の伝統的な建築工法である木組みは釘や補強金物を使用せず、木材の特性を生かし、組んでいくことで建物を建造する貴重な技術です。 木材は木のどの箇所で作られたかによってその強度が異なります。その特性を熟 […]

宮大工のつらいこと・大変なこと

修行期間が長い センスもさることながら現場での経験年数が物を言うのが職人の世界の常というものです。もちろん宮大工も例外ではありません。 特筆すべきは、その修行期間の長さでしょう。 一般的な家屋大工の場合、個人差はあります […]

宮大工のやりがい

文化財を維持する責任 神社や仏閣は日本に古くから伝わる木組み工法で建てられています。木組みは釘や補強金物を使わず、木材が持つ特性を生かし、接木していくことで建物を建てていきます。 木組みは日本の風土に適しており、耐久年数 […]

宮大工の一日

宮大工の一日 大工は一日のうち、日の出ている明るい時間帯しか作業することができません。 作業終了後は研ぎ場と呼ばれる場所で商売道具である工具の手入れに時間を費やします。 また、日中の作業は肉体を酷使するため、休憩時間がこ […]

宮大工の役割

歴史ある建築物を守る 現在全国にある神社や仏閣の中には古いもので築数百年が経っているというものも少なくありません。このように長きにわたって守られ続けてきた建築物を修繕してきたのが宮大工と呼ばれる職人です。 神社や仏閣は「 […]

宮大工の現状と将来性

厳しい寺社仏閣の新築工事市場 寺社仏閣の伝統的な建築を行う宮大工ですが、現代において必要とされているのでしょうか。宮大工の現在の需要状況と業界の展望について見ていきましょう。 日本の建築において、戦前は木組み工法が主流で […]

宮大工の仕事内容、役割

宮大工が手掛ける建築物 宮大工は主に神社や仏閣の建築、修繕を手がける職人です。 神社や仏閣を「木組み」と呼ばれる日本の伝統的な工法で造る、木組みのプロフェッショナルといえます。 新築工事だけではなく、改修工事も行いますの […]