マンション管理人の志望動機、面接

志望動機を考えるにあたって

マンション管理人は一般的に、なるにあたって特別なスキルや資格などが求められる仕事ではありません。

学歴もあまり問われないため、どのような人でも意欲さえあれば、マンション管理人として働ける可能性があります。

ただし、マンション管理人はシニア世代の仕事として人気が高まっており、とくに雇用条件のよい大手管理会社などの求人では高倍率になることもあります。

しっかりと志望動機を考えたうえで、マンション管理人の面接試験を受けるようにしたいものです。

従業員としての意識を持つ

マンション管理人の多くは、管理会社に雇われて働きます。

そのため、志望する管理会社の企業理念や事業内容、その他の特色などについて、しっかりと理解しておくことをオススメします。

「マンション管理の仕事なんてどこでも同じ」と思うのではなく、企業のホームページなどを見て、その企業のどこに共感するのか、どこに興味を持ったのかを自分なりに考え、志望動機とつなげていくとよいでしょう。

また、マンションといっても複数の管理人が常駐する大規模な高級分譲マンションから、地域に根付いた小さなマンションまでさまざまであるため、どのようなマンションで、どのように仕事がしたいのかを明確にしておくことも大切です。

面接のポイントは?

マンション管理人にはさほど特別なスキルが求められないものの、人間性については厳しく判断されることが多いようです。

管理人は「マンションの顔」となって働くため、もし管理人の対応がまずければ、マンションの評判を落とすことにもつながりかねません。

管理会社としては、できるだけ人柄がよく、どのような居住者ともうまくやれそうな人を採用したいと考えるものです。

身なりには気を配り、質問には明るく前向きに答えるとよいでしょう。

また、マンションには日々大小さまざまなトラブルがつきものです。

そうした出来事にも的確に対応できる判断力やフットワークの軽さを持ちあわせていることを、面接でアピールするとよいでしょう。