マンション管理人の勤務時間・休日

勤務時間

マンション管理人の勤務時間は、所属している管理会社や雇用形態、勤務先となるマンションの規模などによってさまざまですが、フルタイム勤務の場合、一般的には9時~18時くらいの時間帯で働くことになるようです。

休憩時間は1時間程度で、実働は休憩を除いた7時間~7時間30分くらいとなります。

月曜日から金曜日、あるいは月曜日から土曜日の勤務が一般的で、日曜日や祝日は休みの場合が多いようですが、マンションによっては日・祝日も交代で勤務することもあります。

また、戸数の少ないマンションの場合は、午前中だけの勤務であったり、週に3日程度の勤務となるところもあります。

一方、大型マンションの場合は勤務時間も長くなりがちですが、たいてい複数の管理人が配置されているため、交代で働くことができます。

なお、マンション管理人は住み込みで働く人もいますが、その場合でも通勤をして働く場合と同様、勤務時間は契約書上に書かれています。

残業の状況

マンション管理人は、さほど残業が多い仕事ではありません。

普段は定時帰宅もしやすいため、家庭の都合などで残業が難しい人がマンション管理人として働くことも多いようです。

しかし、たとえばゴミ集積場がものすごく散らかっていたら清掃をしたり、突然、設備機器不具合を起こしたら業者に連絡をするなど、状況によっては残業をして対応しなくてはならないこともあります。

休日

マンション管理人の休日は、勤務時間と同様、管理会社や勤務先のマンションなどによって変わってきます。

土日祝日は完全に休みということもあれば、土曜日や日曜も含めて複数の管理人が交代で休みをとることもあります。

パートであれば比較的自由に休みをとりやすいようですが、ゴミ回収のスケジュールなどから、特定の曜日の勤務が求められることはしばしばあります。

さまざまな働き方ができるため、希望条件を明確にしたうえで、求人に応募するといよいでしょう。