空間デザイナーに向いている人、適性

空間センス、色彩センスがある

空間デザイナーはその名のとおり、決められた空間をコンセプトに沿ってデザインするのが仕事です。

どう見せるのが美しいか、与えられた空間と予算を使って、コンセプトやテーマをより魅力的に表現するのが仕事です。

通りがかった人や訪れた人の心を捉え、感動を与えられるような空間づくりが求められます。

美術大学や専門学校でもカリキュラムに入っているように、基礎的なデザインセンスに加え、立体や空間をデザインする力が求められます。

また、ライトアップの仕事が入ったりすることもあるので、色彩センスがあるということも大事な要素のひとつです。

遅刻が嫌い、スケジュール管理が得意

空間デザイナーの仕事は実施日やオープン日などが決まっています。

クライアント側で決められスケジュールは絶対に送らせることができない、締め切りのようなもの。

その締め切りに向かって仕事を進めていくわけですが、装飾品が見つからない、手配した什器の納期が遅れそうになったり、一筋縄でいかないことも多々あります。

そんなことも予測して早め早めに仕事を進めたり、どこかで調整したりする機転が必要です。

何でも後回しにせず、先駆けて行動する生真面目さは、トラブル回避の元にもなるでしょう。

フットワークが軽い、体力がある

打ち合わせに現場視察、資材集めなど、日夜飛び回ることも多いのが空間デザイナーの仕事です。

フリーランスの場合は売り込みが必要なこともあります。

どんなときでも面倒くさがらずに、考え過ぎずにすぐに行動するフットワークの軽さも必要。

また、重い資材を持って現場に行ったり、現場でも取り付け作業などの肉体労働も多くあります。

たとえ風邪をひいても、倒れてもスケジュールは待ってくれません。

空間デザイナーの仕事は「体が資本」ともいえるほど、体力勝負な仕事でもあるのです。

コミュニケーション能力が高い

クライアント、外注業者、設計士、大工さんなど、空間デザイナーの仕事にはさまざまな人たちとのやり取りが発生します。

「あの人は苦手なタイプ」「この人は怖い」なんて言っている暇はありません。

良いものを創り上げるには関係する人たちとのチームワークがとても大切になります。

どんな人とも仲良くやっていける、相手の話を受け止め、自分の意見もきちんと言える、そんな柔軟な姿勢がある人は、空間デザイナーとしてもきっとうまくやっていけるでしょう。