家具職人の現状と将来性

家具業界市場の変化

家具業界では、大量生産の安価な家具店や輸入の組立て家具店などの低価格な家具を扱う大型店が、市場規模を広げています。

また、インターネットを通じた無店舗販売も増えています。そういった中、家具職人の目指すべき方向性とはいかなるものでしょうか。

家具業界の今後の動向

家具業界は、人口の減少などから、中長期的には市場規模が縮小しています。しかし、ここ数年を見れば、ほぼ横ばいの状況が続いています。

住宅の新築着工件数が増加すれば、家具の販売は微増すると見込まれます。

限られた市場規模の中で、インテリアに強いこだわりを持ち、高品質でデザイン性の高い家具を求める層と、景気低迷の影響をうけ低価格な商品を求める層に二極化しています。

この二極化の動きは、今後ますます進むと見込まれています。

家具職人に求められること

家具職人が生き残るためには、品質やデザインにこだわりのある層への訴求力のある、家具の製作が求められています。

デザイン力や素材の新しい使い方の提案などの独創性や、家具職人としての手仕事ならではの確かな技術力があれば、生き延びることができるでしょう。

高齢者用や子ども用の家具など、重要が見込める分野での商品展開を行うことも有効です。新たな顧客を得るための手段として、インターネットでの販売やマーケティング活動を行うことも、重要になってくるでしょう。

実力のある家具製造会社や、デザイン力のある工房などが生き残り、特色のない工房は淘汰されていく時代です。

しかし、技術力や独創性があれば、低価格商品と差別化を図ることで、活路を見出せます。

今後の家具業界で生き延びるためには、家具のデザイン力があり、製作の技術力もある、高付加価値商品を生み出すことのできる職人になることが必要です。