一般事務への転職、未経験採用

転職する人も多い

一般事務は、転職市場でも求人募集がたくさん出されている職種のひとつです。

その大きな理由として、一般事務が業界や業種問わず、あらゆる組織で必要とされやすいポジションであることが考えられます。

一般事務は、高度な専門知識や特別なスキルが求められる職種ではありませんが、パソコンスキルやファイリング能力、その他の事務処理能力など、実務経験を通じてさまざまなスキルを身につけることができます。

企業の立地や規模、能力などによっても給料は若干変わってくるため、ある程度の経験を積むと、より良い給料や待遇を求めて、別の企業へ転職を考える人もいるようです。

また、この仕事は基本的にオフィスワークとなるため、職場の人間関係が合わないといった理由で転職する人、さらに家庭・育児と仕事を両立させたいという思いから、あえてフルタイム勤務ではなく、希望の時間だけ働けるパート勤務や派遣社員に雇用形態を変える人もいます。

未経験から一般事務になるには

未経験者でも、一般事務になることはさほど難しくはありません。

職場によっては経験者限定で即戦力になれる人を求めることもありますが、未経験者を積極的に受け入れているところもあります。

未経験者であっても比較的採用されやすい職種であるため、根気よく探していけば、条件に見合う求人募集は必ず見つかるはずです。

ただし、とくに未経験者の場合に重視されるのは、前向きで、素直に物事を吸収できるかという点です。

一般事務は、そこまで専門性が高い仕事を任されることはほとんどありません。

そのため、最初は知らない・わからないことでも、先輩や上司から教わったことをまじめに覚える気があるのなら、業務を通じて十分にスキルアップできますし、周囲からも歓迎されやすいです。

単純なことのように思えるかもしれませんが、仕事に対する熱意、ひたむきさなどをアピールすることは大切です。