インテリアデザイナーのやりがい、魅力

コンペを勝ち抜いたときの充実感

ホテルや公共施設など、大きな仕事になると多くの企業でのコンペになることもあるのがインテリアデザイナーの仕事です。

競争率は数倍のこともあれば数十倍のこともあります。ケースごとに異なりますが、企画のアイデアを練って、プレゼンテーションをし、仕事を勝ち取った時には大きな達成感を感じられます。

これから始まる仕事を思い、期待に胸が膨らむ瞬間でもあるでしょう。

無事引き渡し日、晴れて内覧会を迎えた日

企画スタートから完成まで、短くても数ヵ月、長ければ数年単位で動くプロジェクトもあります。

途中、幾度となくトラブルに見舞われつつも、なんとか無事に引き渡し日や内覧会を迎えた日は安堵感と充実感で満ち溢れます。

苦労が多ければ多いほど、ゴールを迎えたときの喜びもひとしおです。

自分の思い描いていたものが完成し、現実に目の前で見ることができるのはインテリアデザイナーだからこそ得られる喜びです。

多くの仲間たちとの絆

インテリアデザイナーの仕事は決してひとりでは成立しません。

クライアント、建築士、大工、現場監督、業者など、多くの人たちと協力をしあいながら完成を目指します。

ときには衝突をしたり、もめたり、お叱りを受けることもあれば、自分のふがいなさや悔しさに泣きたくなることもあるかもしれません。

しかし、同時にここでしか培えない人間関係が生まれるのもたしかです。

多くの人たちと力を合わせてつくりあげたプロジェクト、そしてともに苦難を乗り越えた仲間との絆はかけがのない財産となるでしょう。

完成した自分の作品への高い評価

インテリアデザイナーの仕事は、「プロジェクトが完成して終わり」ではありません。

大事なのは完成後の周りの評判や評価です。

クライアントや施主から喜びや賞賛の声をいただいたり、メディアに取り上げられたり、好評価をいただくのは、インテリアデザイナーという仕事の醍醐味でもあります。

デザイナーである以上、自分の作ったもののセンスを認められるのは何よりもうれしいことです。

それまでの苦労も吹っ飛び、また頑張ろうという気持ちになり、ダイレクトにやりがいにもつながります。

世界各国での仕事

地方の物件の仕事が舞い込んできた場合は、現場へ出張することも多くあります。

まだ行ったことのないさまざまな土地へ行けることはインテリデザイナーの特権のひとつでもあります。

大物デザイナーになると、海外からオファーがくることもあります。

仕事で世界中をまわる、グローバルな活躍ができるのも大きな魅力のひとつです。