女性の飲料メーカー社員

女性社員もさまざまな活躍ができる

「飲料」は、男性にも女性にとっても身近なものであることから、飲料メーカーで働きたいと考える女性が大勢いるようです。

企業によって男性社員、女性社員の割合は異なりますが、飲料メーカーではどのような職場であっても女性の姿が珍しいということはないといえるでしょう。

すでに事務職だけでなく、営業職、企画・マーケティング職、研究開発職といったさまざまな部門や職種で女性が活躍していますし、日本全国あるいは海外に拠点を置く企業では、各地を飛び回って仕事をしている女性社員もたくさんいます。

飲料メーカーでは、仕事に対する熱意さえあれば、女性ならではの視点や個性を存分に発揮しながら男性と同じように多様な活躍ができるといえるでしょう。

働く女性を支援する制度も続々と誕生

女性が働き続けるうえで最も気になるのは、「出産」というライフイベントを経たのちにも仕事を続けていくことができるのかどうかという点でしょう。

こうした不安を解決すべく、飲料メーカー各社ではさまざまな取り組みを行っています。

たとえば、働く女性を支援する制度として、出産の前後に取得する産前・産後休暇、出産後の一定期間は育児に専念できる育児休暇、職場復帰後も子どもの手がかかるうちは労働時間を短くできる時短勤務などを取り入れている企業が増えています。

女性のみならず、男性でも積極的に育児休暇を取得することを推奨する風土が根付いている職場もあるようです。

このほか、結婚や介護といったさまざまなライフイベントがあるなかで、家庭を大事にしながら仕事に打ち込んでいけるための制度やしくみを整えている企業は多くあります。

また、最近はリーダーやマネージャーといった管理職に就く女性も増えています。バリバリと働く女性の先輩の姿を見ながら、自分らしく仕事を続けていき、キャリアを磨いていきやすい環境があるといえるでしょう。