イラストレーターの給料・年収

高収入を稼げるのは一部の人だけ

イラストレーターはフリーランスで働く人が多い職業ですが、たくさんの収入を得ている人はそう多くありません。

「お金持ち」といえるような人もいることはいますが、全体のうちごくわずかです。

そのような方は、イラストの世界に興味のない人でも、絵を見ただけで「ああ、この人の絵知ってる」と思ってもらえるレベルです。

そこまでに達しないと、お金持ちにはなれません。

フリーのイラストレーターが普通の会社員なみの給料をいただけていたら、十分な成功者といっていいでしょう。

実際には、かなりの数のイラストレーターがお金には苦労しており、何か他のアルバイトをしながら生活しています。

イラストレーターの収入の考え方

フリーで働くイラストレーターの収入は、一般的に「1枚いくら」という単価設定になっています。

この単価は「数千円」のこともあれば「数十万円」になることもあり、描く人の実力や実績によって大きな差が出てきます。

また、案件は時期によっても変動しがちで、年間を通じて安定した仕事量を確保できるとは限りません。

そのため、年収は人によってゼロに近いこともあれば、何百万円、あるいはそれ以上になる可能性もあります。

一方、一般のデザイン制作会社に勤務する場合は、他の職種の会社員と同様、毎月決まった額の給料を会社からもらうことになります。

その場合、年収はだいたい300万円~500万円くらいがボリュームゾーンとなっているようです。

勤務先によっては、キャリアを積みリーダーや管理職に昇進すれば、役職手当などがついてさらに収入を増やすこともできます。

修正作業に追われることも

イラストの仕事は、単価自体はそんなに低くないのものの、他の仕事以上に「サービス残業」のようなものが多くなりがちです。

クライアントからの修正の依頼は、一回の仕事でたいてい数回は行うことになりますし、その修正作業も基本的に自分以外の人にはできないものになるため、どんなに忙しいときでも対応しなくてはなりません。

そのため、どうしても一つの作品を完成させるまでに費やす時間が増えていき、結果として、時間単価が低くなってしまいがちです。

自分の「キャラクター」をつくる

しかし、イラストレーターの仕事は誰にでも簡単にできるものではありません。

ある程度軌道にのると、他の人にはない特殊技能を生かして、わずかな作業時間で驚くような報酬をもらえることもあります。

努力と経験さえ積めば、収入面でも決して悪くない仕事といってもいいでしょう。

とりわけ、自分の「キャラクター」を生み出せた場合、大きな強みになります。

それが人気キャラクターになったら、自分で新たな絵を描かなくてもグッズメーカー側で絵やグッズを生産することになり、そこから一部を収入として得ることができます。

そこまでいったら、イラストレーターの仕事で多くの収入を得ることができるでしょう。

仕事体験談