「カメラマン」とは

カメラマン_画像

広告、報道、スポーツなどの各分野で使用される写真を専門的に撮り、記録に残す。

カメラマンは、報道、芸能、広告などの分野において、写真を撮影する仕事です。

雑誌やポスターなどに掲載する広告用の写真を撮影する「広告カメラマン」や事故現場や政治家などの写真を撮影する「報道カメラマン」など、ほとんどのカメラマンは専門領域を持っています。

カメラマンになるための決まったルートはありませんが、カメラマン養成スクールなどで、基本的な知識や技術を身につけ、写真スタジオでアシスタント業務からスタートするルートが一般的です。

アシスタントとして何年も経験を重ね、自分ならではの写真が撮れるようになると独立への道が見えてきます。

カメラマンとして生計を立てるためには、実力だけでなく、地道に営業をし、実績を重ねていくことが必要になります。

「カメラマン」の仕事紹介

カメラマンの仕事内容

技術と知識を駆使して意図に合わせた写真を撮る

カメラマンとは、報道、芸能、広告などの分野において、写真を撮影する仕事です。

カメラマンは単純にシャッターを押すのが仕事ではありません。

撮影しようとする写真が、どこでどのような目的で使われるかを考慮した上で、その技術と知識を駆使して、最適な写真を撮るのがプロのカメラマンです。

そのために、カメラをはじめとする機材の扱い方を覚え、撮影に欠かせない「光」の当て方や、より写真を良く見せるための「構図」など、撮影に関するさまざまな知識と技術を身につける必要があります。

カメラマンは、主に新聞社・出版社・デザイン事務所・広告代理店などに勤務するパターンと、フリーランスで働くパターンの2通りに分けられます。

フリーランスの場合、フリーランスのカメラマンが数人集まって、ひとつの事務所を構える場合もあります。

カメラマンの種類は多様で、雑誌や広告用のモデルやタレント、商品などを撮影する「スタジオ型カメラマン」や、スポーツカメラマンや報道カメラマンを含む「屋外型カメラマン」、自分の創作活動を中心とする「作家型カメラマン」などに分けられます。

また、動物カメラマンや自然カメラマンなど、カメラマンの専門分野でジャンル分けをする場合もあります。

カメラマンの就職先・活躍の場

仕事の場は多数。女性カメラマンも大活躍

カメラマンが活躍できる場はたくさんあります。

新聞社などに社員として勤務する場合は、主に報道カメラマンとして働きます。

出版社や広告制作会社では、自社の雑誌や広告で使用する写真を撮影するカメラマンを社員契約する場合もありますが、多くはフリーランスを外部カメラマンとして契約し案件ごとに発注しています。

フリーのカメラマンには、写真スタジオや結婚式場などと契約している場合もあります。

最近では女性のカメラマンも増えてきており、美容分野などの撮影や、女性を対象としたイベントや講演会など、女性ならではの感性や感覚が必要とされる現場で大活躍しています。

カメラマンの1日

案件によって1日の流れは変わることも多い

カメラマンは、新聞社や広告代理店などの会社に所属して働く人と、フリーランスで働く人がいます。

会社勤めの場合は基本的に会社が定める勤務時間に沿って働きますが、撮影の内容によっては早朝や深夜に動かなくてはならないこともあります。

また、フリーランスの場合は請け負う案件の内容や、そのときに抱えている仕事の量に応じて、撮影をする時間や作業をする時間が変わってきます。


<フリーランスで働くカメラマンのある1日>
9:00 起床
10:00 当日使用する機材を準備
12:00 スタジオへ出発
13:00 現地到着後、セッティングを開始
14:00 編集者たちと撮影の流れを確認し、撮影スタート
17:30 撮影終了・速やかに撤収作業
19:00 クライアントと打ち合わせ
20:30 外食をして帰宅

カメラマンになるには

自分に合った道のりを選ぶ

プロカメラマンになるために、特別必要な学歴や資格はありません。

カメラマンとして働くためには、

1.大学や専門学校、スクールなどに通ってカメラの基本的な知識や技術を身につけてから就職する
2.カメラマンのアシスタントとして、現場の経験を積む
3.スタジオに勤めて、撮影に関する知識を身につける
4.独学で学び知識を身につける

などが主な方法として挙げられます。

自分がどんなカメラマンになりたいかを考えて、自分に合った方法を選びましょう。

カメラマンの学校・学費

学校やスクールで基礎知識を身につけておくと有利

特に資格や学歴も問わないカメラマンですが、学校に通って基礎知識を身につけておくことは、その後の就職に有益です。

カメラについて学べる学校やスクールはたくさんあり、カメラ専門学校のほか、学校法人ではない民間のスクール、また四年制大学でも写真やカメラについて学べるところもあります。

学校によって在学期間やカリキュラム、費用が異なるため、何を学びたいのかをよく考えたうえで、自分に合った環境を選ぶことが大切です。

また、スクールでは、夜間授業を行っているところも多く、社会人が仕事をしながらでも学ぶこともできます。

カメラマンの資格・試験の難易度

取得しておくと便利な資格もある

カメラマンになるのに必要な資格も試験も無いですが、カメラに関する資格はいくつかあるので、それらを取得しておくと、技術や知識を証明する手段として利用できます。

肖像写真の撮影および制作に必要な資格である「写真技能士」は、都道府県知事が実施する技能検定制度の一種です。最上級の1級技能士は、全国でも数えるほどだといわれています。

このほか、文部科学省後援「フォトマスター検定」などもあります。

カメラマンの給料・年収

フリーの場合は、経験や実力で大きく異なる

カメラマンは、会社員もいればフリーランスで活動する人もおり、働き方によって収入が変わります。

また、個人の実力や能力によって大きな差が出ます。

一般的に会社勤務の場合は、その企業の給与体系に準じて給料が支払われます。

スタジオ勤務の場合は、新聞社や雑誌社よりも低く、経験や実績が浅いカメラマンは年収300万円程度という場合もあるようです。

フリーランスの場合はその知名度や実績で異なり、また、案件ごとに収入が決まるため、収入ゼロの月もあれば、100万円超えになる月もあるなど、一定ではありません。

年収が数千万円という有名カメラマンもいますが、フリーで長年生計を立てていける人はごくわずかです。

カメラマンのやりがい、楽しさ

人の心を動かすことができる

かわいい動物や美味しそうな料理など、自分が撮った写真で人に感動を与えたり、幸せにすることができるのが、カメラマンの仕事の醍醐味です。

また、「瞬間」を捉えて撮影したり、ファイダーを通じて物事を美しく表現するのもカメラマンの腕の見せどころです。

それにより、クライアントやモデルとなった人が喜んでくれると、満足もひとしおです。

さらに、一緒に仕事をするスタッフはもちろん、被写体となる芸能人やモデル、仕事で出かけた先の見知らぬ人など、たくさんの人と出会えるのも魅力です。

カメラマンのつらいこと、大変なこと

精神的にも肉体的にもハードな面がある

人物や静物の撮影であれば、ある程度のやり直しができますが、動く被写体や「瞬間」を捉えなければならない撮影は、一度しか撮影ができないため、失敗が許されません。

合わせて、決められた時間内にクライアントが満足する写真を撮らねばならず、プレッシャーが大きくのしかかります。

また、特に報道カメラマンなどは事件・事故があればすぐに現地に行かねばならず、自然現象を撮影するカメラマンは厳しい寒さや酷暑に耐えて、何日も1カ所に留まらなければいけないこともあり、体力も相当使う仕事です。

カメラマンに向いている人・適性

「写真が好き」が大切な資質

何よりも「写真が好き」ということが、カメラマンとして最も重要な資質といえます。

カメラマンは、下積み時代も含めて、忍耐力と精神力が必要となるため、その辛さを乗り越えることができるほどの、写真に対する情熱が必要です。

また、重い機材を運ぶ、昼夜を問わず撮影が続く、移動が多いことなどから、体力がある健康な人が向いています。

常に元気で周りをリードしていけるタイプだと、一緒に働くスタッフもクライアントも気持ちよくスムーズに仕事ができるため、適性があるといえます。

カメラマン志望動機・目指すきっかけ

カメラマンとして成し遂げたいか目標を掲げる

カメラマンになる志望動機は、やはり「写真が好き」というのが最も多く、趣味が高じて自分の職業にしたくなったという人も少なくありません。

自分が撮った写真を通じて人を感動させたい、人の心に残る1枚を撮りたいという人もいれば、大自然の雄大さを伝えたい、歴史的瞬間を押さえたい、大好きな動物の生態を追いかけたいなど、自分の好きな分野を探求したくて専門の写真家になる人もいます。

企業の採用試験の志望動機は、カメラマンになって何を成し遂げたいかという自分なりの目標を挙げると、企業にとっても志望者像を理解しやすくなるので効果的といえます。

カメラマンの雇用形態・働き方

企業に所属するか、フリーで好きな分野を撮るかの二択

カメラマンは、企業に所属して勤務する場合とフリーランスで働く場合の2つに分けられます。

企業に所属する場合は、新聞社や出版社・デザイン事務所・広告代理店などに勤務しますが、社員として給料制で契約します。

フリーランスの場合は、1人で事務所を構える、または、複数のカメラマンが集まって事務所を構えることもあります。

フリーランスは原則仕事ごとにフィーが支払われ、その収入で、機材を購入したり交通費や飲食等の諸経費をまかないます。

仕事の内容は、企業に勤めた場合はその企業の指示に従った内容になりますが、フリーの場合は、報道カメラマン、動物カメラマン、スポーツカメラマンなど、自分の好きな専門ジャンルを選ぶ事ができます。

カメラマンの勤務時間・休日・生活

雇用形態や被写体によって変わる

カメラマンの勤務時間は企業に所属するかフリーで働くかの雇用形態で変わり、また、どんな写真を撮るかによっても大きく異なります。

新聞社や出版社勤務の場合は、その企業の就業規則に準じて働くことが一般的です。

一方フリーランスの場合は、例えば自然や動物を相手にする場合、撮りたい瞬間を押さえるまで仕事が続きます。

仮にモデルを被写体とした人物撮影でも、求める表情やポーズを撮れるまで撮影が続きます。

時間内に終わる仕事ではなく、納得できる1枚を撮るまで続く仕事なので、どうしても不規則になりがちです。

カメラマンの求人・就職状況・需要

得意分野があると有利

カメラマンの採用は常に一定量はあり、特に広告や雑誌等の「商業写真」分野の需要は多くあります。

新聞社や大手出版社は、年1回の新卒採用のほか、中途採用も随時募集されます。

また、中小のスタジオや個人事務所などでは人手不足のところも多く、アルバイトやアシスタントとして入りながら正社員を目指す道もあります。

憧れのカメラマンに弟子入りしたい場合などは、熱意を伝えて採用してもらえることもあるようです。

いずれにしろ、これだけは人に負けない得意な分野や専門性があると、採用もスムーズになります。

カメラマンの転職状況・未経験採用

即戦力が求められるため業界内転職が多い

カメラマンはカメラや機材の知識や、撮影技術、ノウハウなどが重視される仕事のため、未経験者がいきなりプロとして働くことはできません。

まずはアルバイトやアシスタントして現場で経験を積みながら、一人前を目指します。

転職の場合も、今まで異業種だった人がいきなりカメラマンに転職するというケースは少なく、それまで会社勤めだったカメラマンが専門分野を極めるためにフリーになったなど、業界内の働き方変更は多いようです。

中途採用は即戦力を求められるため、異業種からどうしてもカメラマンになりたい場合は、未経験者同様、アシスタントから下積みをする覚悟が必要となります。

カメラマンの現状と将来性・今後の見通し

長く続けるには、自分にしか撮れないジャンルを極める

カメラの性能が上がり、一般人であっても簡単に高度な写真を撮れるようになりました。

また、SNSの普及により、「インスタ映え」写真を撮るために、特に女性を中心に、技術向上を目指す人が急増しています。

そのため撮影単価が下がる傾向にあり、その中でも生き残って行くには、専門分野を極めて「この人にしか撮れない」「この人に頼むしか無い」という、自分らしい強みを磨いていかなければなりません。

カメラマンは、元気であれば、高齢になっても続けられる仕事です。

むしろ、たくさんの人生経験を積んだからこそ、味わい深い写真を撮ることができます。

カメラ好きで長く続けたいならば、「自分にしか撮れない」ジャンルを築きたいものです。