ホームヘルパーの給料・年収

ホームヘルパーは、「人の介護をする」という大変な仕事内容の割に、給料や待遇面ではあまり恵まれていないといわれることがあります。

実際のところ、ホームヘルパーの給料の実態はどのようになっているのでしょうか。

アルバイト・パートで働くホームヘルパーの給料

ホームヘルパーとして働く場合、正社員としての雇用はそこまで多くなく、アルバイトやパートという形で働く人が中心となっています。

そのため、給料に関しては「時給制」であり、正社員に比べるとどうしても低めの給与水準となりがちです。

その額は勤務先によっても異なりますが、訪問介護の場合、1件の利用者に対して「身体介護」を担当する際は時給1,800円〜2,500円、「生活援助」では時給1,300円〜1,600円ほどになっています。

施設スタッフとして勤務する場合は、時給750円〜1,000円程度、日給で6,000円前後になることが多いようです。

施設によっては夜勤が入り、夜勤手当として勤務1回につき3,000円〜5,000円ほどの報酬が得られます。夜勤専門で働くと、1日あたり8,000円〜10,000円程度を得ている人が多いようです。

正社員の給料

もちろん、なかには正社員として雇用される人もいます。

その場合、アルバイト・パートで働くよりもたいてい給料はアップします。ホームヘルパーの資格の有無(介護職員初任者研修など)や、夜勤の回数によって給料は変わりますが 、15万円〜20万円くらいは安定して得ている人が多いようです。

賞与の支給状況は施設によって異なるものの、正社員であれば支給されることが一般的です。

平均年収

ホームヘルパーの年収は、年々上昇傾向にあるようです。

それでも、現在のところは平均年収が賞与込みで250万円〜300万円ぐらいとなっており、他の職業に比べてそこまで高い収入を得ている人は決して多くありません。

とはいっても、勤務年数や経験によって給料は上がってきますし、介護施設では長年勤めることで幹部になる道も開けてきます。

また、施設のほとんどは完全週休2日制であり、交通費の支給や食事の割引などもあるため、そうした面でしっかりとサポートを受けて働くこともできます。

ホームヘルパー平均年収の統計

厚生労働省の平成27年賃金構造基本統計調査によると、ホームヘルパーの平均年収は45.3歳で304万円となっています。

・平均年齢:45.3歳
・勤続年数:6.6年
・労働時間:165時間/月
・超過労働:7時間/月
・月額給与:225,100円
・年間賞与:341,900円
・平均年収:3,043,100円

出典:厚生労働省「平成27年 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。
※本統計はサンプル数が少ないため、必ずしも実態を反映しているとは限りません。

平成27年 ホームヘルパーの年収(規模別)

統計上では勤務先の規模によって給与に差はさほどないようです。

10人〜99人の事業所に勤めるホームヘルパーの平均年収は294万円、100〜999人規模は305万円、1,000人以上規模は336万円となっています。

ホームヘルパーの年収(規模別)_27

平成27年度 ホームヘルパーの年収(年齢別・男女別)

年齢別の平均年収は、年齢が上がってもあまり変化がないという状況です。

どの年代においても300万円前後となっています。もっとも年収が高い年代は、男性30~34歳の354万円です。
ホームヘルパーの年収(年齢別)_27

※本統計は、調査の母数が少ないため、必ずしも実態を反映していない可能性があります。

仕事体験談