ホームヘルパーのつらいこと・大変なこと・苦労

ホームヘルパーのつらいこと・大変なこと

きれいな仕事ではない

ホームヘルパーは、決してきれいとはいえない仕事です。

身体介護のなかには排泄の介助も含まれますし、自分で入浴ができない人の入浴介助も行います。

また利用者によっては思うように身体を動かせないことから日常的な掃除がままならず、どうしても家の臭いなどが気になってしまうことも少なくありません。

場合によっては排泄物に触る場面も出てくるため、そうした場面でも耐えられないとホームヘルパーの身体介護を行うのは難しいでしょう。

常に一人での仕事

「人の家で介護をする」というのは想像以上に大変なことです。

利用者宅によって置いてあるものは異なりますし、利用者の家族とのコミュニケーションも上手にとっていかなくてはなりません。

周囲に複数のスタッフがいる施設勤務とは異なり、在宅での介護中は基本的に一人で判断し、行動する必要があります。

慣れてくれば、どのような場所でも落ち着いて介護ができるようになりますが、経験が浅いうちは別の家に行くたびにあれこれと判断に迷ってしまうこともあるでしょう。

ホームヘルパーの悩み

きつい仕事の割に低賃金

介護業界の仕事は、賃金が低く体力的にきついといわれています。

ホームヘルパーは介護業界の職場としてもっとも女性の割合が高く、人手不足で引く手あまたですが、雇用形態は短時間労働のパートなので、ボーナスや手当がない場合が多く、収入は高いとは言えません。

またホームヘルパーの特質上、利用者の方のご都合でサービスのキャンセルが出ると、ホームヘルパーの仕事はその分なくなるので、収入にも直にひびきます。

希望収入額を事業所に伝えておくことで、それを考慮してホームヘルパーの勤務量を考えてくれる事業所もありますが、利用者の方からの急なキャンセルや契約終了などもあるため、確実な固定収入というのは期待できません。

拘束時間が長い

ホームヘルパーの仕事の仕方は、自宅から利用者宅に直接向かい、その利用者宅から他の利用者宅へと一日に複数の利用者を担当する場合があります。

移動の際の交通費は支給されることが一般的ですが、移動時間やサービス開始まで数時間、外で待たなくてはいけないような待機時間が発生しても、それは勤務時間に含まれません。

ホームヘルパーにとってサービス時間が勤務労働時間であるので、仕事により拘束される時間が大きいと、収入に反映されないことに不満を抱えている人も多いようです。

ホームヘルパーの職業病

腰痛を抱える人が多い

ホームヘルパーや介護の仕事の職業病で一番にあげられるのが腰痛です。

たとえばベッドから車いすへの移乗や入浴介護、ベッド上でのおむつ交換や体位変換のとき、足腰が弱っていてホームヘルパーの支えなしでは立ち上がれない場合には、ホームヘルパーが最大限に利用者に接近して、利用者の方の動作援助を行います。

その際、もともと腰痛を持っているホームヘルパーであればなおさら、腰ベルトやコルセットをして腰痛予防となるように対策を事前に取る必要があります。

無理せず安全な介助を

自分よりも身体の小さな利用者の方であれば、自分ひとりで抱きかかえてベッドから車イスへ移動できると思う人も多いのですが、これはとても危険な行為で利用者・介護者側のホームヘルパー双方にとって、安全な介護とはいえません。

本来は利用者を安全に不安なく、その方の残された機能を使って自立援助につながるような介護が大事です。

しかし、いざ介護の現場で仕事をしていると一人で無理をして抱きかかえるような介護をしたり、中腰姿勢で長時間作業したりするなど、無理な介護を行うことで身体に負担をかけてしまうことがあります。

どうしてもマンパワーが足りない、ボディメカニクスを理解していないなどの理由で腰痛を起こしてしまう可能性が高く、近年では厚生労働省でもリフトなどの福祉機器などを積極的に活用して、介護や看護を行う人の腰痛を予防することを取り組んでいます。

ホームヘルパーを辞める理由で多いものは?

離職する人が多いのが現状

ホームヘルパーの仕事は辞める人も多く、常に人材不足と言われています。

実際に働いてみると、体力的にも精神的にも負担が大きく、その割には低賃金なので、その不満がつのって辞めていくパターンが多いのです。

低賃金と無償労働

ホームヘルパーの低賃金という問題の根本には、単に時給が安くて不満というのだけではなく、労働とみなされず報酬がないまま働かざるをえない状況があるということが問題なようです。

介護保険による介護サービスの内容で賃金は発生していますが、ホームヘルパーの移動時間や待機時間、報告書の作成などは無給で、拘束時間が長く給料に見合わないと考える人も多くいます。

また事業所によっては、ホームヘルパー個人の車や携帯電話をあてにして、交通費や通信費なども支払われない場合があります。

ホームヘルパーが利用者宅から緊急連絡をしなくてはならないといったこともしばしば起こりますが、それもホームヘルパーが通信費用を自己負担していることも当たり前のように行われています。

介護保険以前の措置時代の福祉の仕事では「慈善事業にはボランティア精神が必要」だとよく言われてきました。

介護ビジネスが始まってから長らくした現在でも、まだまだホームヘルパーの無償労働を期待する雰囲気が絶えず、業界全体としてホームヘルパーに対し、正当な対価が支払われるよう職場環境の改善が期待されています。

正規雇用は少ない

ホームヘルパーは、まだ非常勤やパート・アルバイトとして働く人が非常に多い職業です。

常勤の求人はゼロではありませんが、パートタイムで1日に数時間だけ利用者宅へ出向くというスタイルで働く人も少なくなく、どうしてもホームヘルパーの仕事だけで生活するだけの収入を得るのが難しいのが現状です。