健康運動指導士の年収はいくら? 給料についてくわしく解説

健康運動指導士の平均年収・給料の統計データ

健康運動指導士の平均年収・月収・ボーナス

健康運動指導士は徐々に認知度が高まりつつある職業ですが、残念ながら、現時点では有資格者だからといって特別に高い収入を得ることは難しいようです。

健康運動指導士の手取りの平均月収・年収・ボーナスは

健康運動指導士の年収は、約300万円ほどと考えられます。

ボーナスを考えず月収に換算すると22万円〜24万円ほど、手取りの場合は18~20万円ほどとなります。

現在、日本人全体の平均年収が約420万円と言われていることから考えると、一般的な職業よりも給与水準は若干低めとなっています。

あまり高い収入が望めるわけではありませんが、経験を積んでいくことで昇給する場合もあります。

健康運動指導士の初任給はどれくらい?

健康運動指導士の求人を見てみると、病院や老人保健施設などの場合地域や病院の規模によっても給料は異なりますが、月給17万円~22万円ほどがボリュームゾーンです。

地域によってはさらに安く、月給は15~16万円ほどというところも少なくありません。

健康運動指導士の福利厚生の特徴は?

病院等で勤務する場合、保険や休暇など基本的な福利厚生が得られます。

勤務先によっては、健康運動指導士の資格を取得することで、基本給に加えて資格手当(2万円前後)が支給されることがあります。

民間のフィットネスクラブなどで「スポーツインストラクター」として働く場合にも、健康運動指導士の有資格者は給料や待遇面で優遇されることは珍しくないようです。

就職の際は、こうした資格手当の有無に関してもチェックしてみるとよいでしょう。

20代で正社員への就職・転職

20代で正社員への就職を目指す(PR)

「Re就活エージェント」は、第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けサービス。20代未経験OKの求人が多数。

20代登録比率No.1

健康運動指導士の給料・年収の特徴

平均的な給料

「財団法人 健康・体力づくり事業財団」が2019年に行った調査によれば、現在の収入(年収)は、「201 万円~400 万円」が 39.5%で最も高く、次いで「200 万以下」 が 25.2%、「401 万円~600 万円」が 20.5%、「601 万円~800 万円」が 7.9%となっています。

参考:財団法人 健康・体力づくり事業財団 健康運動指導士・健康運動実践指導者実態調査結果報告書

この結果は30代以下から60代以上まで、さまざまな雇用形態で働く人のデータを集めたものであるため、これだけで健康運動実践指導者の給与水準について語ることは難しいですが、他の職種と比較して、特別に高い給与が得られるというわけではないといえそうです。

今後の増加に期待

健康運動指導士の収入は、年収にして200〜400万円程度がボリュームゾーンといわれています。

この仕事は正社員・正規職員、契約社員・非常勤職員、パート・アルバイト、あるいはフリーランスや自営といったさまざまな働き方をする人がおり、どのような働き方をするのか、また経験や勤務先の種類・規模等によっても収入には差が出てきます。

しかしながら、高齢化社会が進む現代の日本では、とくに高齢者施設や福祉施設などで健康運動指導士が必要とされるようになっています。

さらに、社員の健康づくりに取り組む企業へ講師として派遣されたり、地域の健康教室で住民に対して健康指導を行ったりと、仕事の幅も広がっています。

これから健康運動指導士の必要性がさらに認知されていくことによって、少しずつ給与水準が上がっていくことも考えられます。

健康運動指導士の勤務先別の給料・年収

病院で働く健康運動指導士

病院や医療保健機関、介護福祉施設などで傍r買う場合は、平均月収18万円前後です。

同じ病院で働く作業療法士理学療法士と比べると、低いと感じることもあるかもしれません。

フィットネスクラブで働く健康運動指導士

フィットネストレーナーとして働くのであれば平均月収22万円前後です。

体力を使う仕事であることや、病院などに比べると不規則な勤務時間となることから、比較的高めに設定されていることが多くなっています。

プロコーチとキャリアに向き合う(PR)

キャリアに対して悩んでいるビジネスパーソンに対して、ZaPASSのビジネス経験豊富なコーチが伴走支援するキャリアコーチングサービスです。日々の内省習慣化や目標を立てた後の行動習慣化までコミット!

いまなら体験コーチング無料!

健康運動指導士の正社員以外の給料・年収

アルバイト

アルバイトとして働く場合は、時給1000~1500円ほどがボリュームゾーンです。

資格をもっているからといってさほど評価されることはなく、一般的なアルバイトと同程度となることが大半です。

独立・開業

健康運動指導士の資格や経験を生かして、フリーランスで活動する人もいます。

フリーになれば、行政や企業で健康や運動に関する講演・実技指導を行ったり、フィットネスクラブから依頼をうけて運動指導を行ったりと、さまざまな仕事に携わることができます。

基本的に、フリーになると自ら営業活動をしてお客さまとのつながりを持たなくてはならないため、事業が軌道に乗るまでには時間がかかるかもしれません。

しかし、順調に仕事の依頼が入るようになれば、どこかに勤めて社員として働くよりも多くの収入を得ることも可能になります。

健康運動指導士が収入を上げるためには?

健康運動指導士は、作業療法士や理学療法士など、他の国家資格とのダブルライセンスを実現させることによって、業務の幅や活躍の場を広げ収入アップを目指します。

さらに、健康づくりには、運動だけでなく栄養も重要であるため、栄養士管理栄養士などの資格を取得するひともいます。

このほか、鍼灸師柔道整復師といった国家資格を取得してスキルを活かす人も少なくありません。