ホームヘルパーのやりがい・楽しさ・魅力

ホームヘルパーのやりがい・楽しさ

人の役に立つ仕事

ホームヘルパーは、身体が不自由な人や日常生活を送るのが難しい人をサポートする仕事です。

ホームヘルパーがいないと生活が成り立たないという利用者も少なくないため、人の役に立つ仕事だと誇りをもって働いている人が多くいます。

たくさんの人に安心や喜び、幸せな気持ちをつくりあげることができるとても社会的な貢献度の高い仕事です。

利用者からの感謝や笑顔

ホームヘルパーのやりがいは、なにより利用者の方から感謝されることです。

利用者のお話を聞いたり、介助をしたりすることで「ありがとう」と言われたり、笑顔を見せてもらったりすると、こちらも嬉しくなります。

利用者は普段不自由な生活を送っていることが多く、人と話したい、人に話を聞いてもらいたい、と思っている人も多くいます。

実際に利用者のなかには、ホームヘルパーが来る日を楽しみにしているという声も聞かれます。

ホームヘルパーは利用者の方に喜んでいただき、利用者との関わりを深めていくことで、ホームヘルパーも多くのことを学び人として成長することができます。

ホームヘルパーの仕事内容

ホームヘルパーの魅力

利用者の心の支えとなることができる

ホームヘルパーは高齢者や障害者の方が自立して暮らしていけるように、利用者の方の日常生活を支える仕事です。

利用者の方は、生活の不自由を感じられている方ばかりで、不安や心配ごとなどを抱え込んでいる方も多く、ご家族と一緒に暮らしていても、孤独を感じている方も多くいます。

ホームヘルパーは、利用者の最も身近な介護生活を支えるパートナーとして、利用者や家族の相談に乗ることや、話し相手となることもあります。

1人暮らしの利用者の方の中には、ホームヘルパーとの会話を心待ちにされているといった話もよく聞かれ、ホームヘルパーとしても、利用者の方の支えになっていると思うと嬉しいものです。

また利用者本人の支援だけではなく、介護をされている家族や周りの方の心の支えとなることもあります。

利用者の方をとりまく介護者、その利用者の方の周囲の方々の介護負担を軽減する役割があり、介護者の方々からも感謝されることもよくあります。

ホームヘルパーの支援が人の暮らしを変える

ホームヘルパーという職業は、派遣先で家事をする家政婦ではなく、加齢や疾病、障害などで生活に支障がある方たちに支援をして、その人の生活の質を高める仕事です。

たとえば独居生活をしていたご高齢の方が買い物に行くことが困難となり、食事が十分にできなくなっていたケースの場合、ホームヘルパーが介助・援助することで、買い物に行くことができるようになったり、食べたいものが食べられるようになったり、食事を食べることで健康状態が改善したりなど、生活を大きく変えることができます。

また介護者の家族が遠方にいるためなかなか頻繁に介護をしに行けないなどというとき、ホームヘルパーが入って家族に代わり介護を行い、ご家族に体調を連絡することで、家族も安心して遠方で生活することができます。

ホームヘルパーは利用者だけでなく、その家族の生活にも大きな影響を与える重要な役割を果たしています。