介護福祉士の給料・年収

介護福祉士の給料と年収

事業所や役職、雇用形態によって異なりますが、一般的に施設で働く正規職員の介護福祉士の月給は手取りが15〜17万円前後で、年収は250万〜400万くらいが一般的です。

決して、他の業種と比べて高い給料とはいえません。

施設の場合は、夜勤が月に4回ほどあり、日曜日や祝日の当番もあります。変則勤務で肉体的、精神的にハードな割には、給与が見合っていないと言われ、給与面に満足できずに離職をする人もいます。

事業所には、社会福祉法人や医療法人、民間の会社などあります。

その中でも社会福祉法人は給料が低くても、都道府県の公務員に準じた給料体系である場合もあり、期末手当や福利厚生がしっかりしているところもあります。

ヘルパー1級、2級の資格と比較すると、介護福祉士は資格手当が付くことが多く、若干給与面で上乗せがあります。

事業所によっては、介護福祉士の資格手当が3,000円から中には10,000円程度つくこともあります。

基本給が安くても、休日割増や休日手当、夜勤手当などでカバーされ、月給が手取りで16万円から18万円ぐらいになります。

また、より上位の資格である、介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格を取得していると、待遇面で優遇される可能性があります。

ケアマネジャーの仕事

介護福祉士の初任給

介護福祉士の学校を卒業して就職する場合、多くの学生は介護現場の就職先として特別養護老人ホームや老人保健施設などの介護施設を選択します。

それらの施設の初任給は、だいたい16万円前後ぐらいです。

訪問介護事業所には、新卒の学生が就職するケースは少ないようです。それは、給料面が施設と比較して低く、家事援助があること、同僚のホームヘルパーが主婦が中心なのも働きにくい理由かもしれません。

介護業界では転職者が多く、一般的に35歳を過ぎると転職しにくいといわれていますが、介護業界では資格さえ手に入れば仕事はいくらでもあるのが現状です。

そのため、初任給は、年齢に関係なく基本給12万円から14万円ぐらいで、それに手当がつく程度です。

就職先が見つけやすいというメリットも

給料・年収はあまり期待できない介護福祉士ですが、この業界は慢性的な人材不足のため、求職すればすぐに職場は見つけることができて、雇用が安定しています。

そのため、嫌な職場で無理やり長く働く必要もなく、転職は気軽にできるようです。

非常勤のパート・アルバイトはよく求人が出ており、時給はどこも同じくらいです。施設で介護のパートをすると、時給800円から1,000円ぐらいがもらえます。

訪問介護の仕事は非常勤の場合がほとんどで、時給にすると、身体介護で1,300円前後、生活援助で1,000円前後です。身体と生活を混合したものは、身体介護と生活援助の時給の中間ぐらいです。

扶養控除の範囲内で働きたい主婦にとっては、調整して収入を抑えられるので都合がよいかもしれません。

上場している主な介護サービス提供企業

平均年齢 平均年収
ニチイ学館 42.2歳 291万円
ツクイ 39.5歳 389万円
メデカジャパン 37.3歳 349万円
シダー 37.9歳 368万円
メディカル・ケア・サービス 42.3歳 334万円
ケアサービス 34.9歳 386万円
アミーユ 35.8歳 337万円

福祉施設介護員の平均年収統計

福祉施設介護員の平均年収_2019

厚生労働省の令和元年度賃金構造基本統計調査によると、福祉施設で働く介護員の平均年収は42.6歳で347万円となっています。

本統計は介護福祉士資格取得者とは限りませんが、ひとつの目安にはなるでしょう。

・平均年齢:42.6歳
・勤続年数:7.1年
・労働時間:162時間/月
・超過労働:5時間/月
・月額給与:244,500円
・年間賞与:531,700円
・平均年収:3,465,700円

出典:厚生労働省「令和元年度 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。
※本統計はサンプル数が少ないため、必ずしも実態を反映しているとは限りません。

令和元年 福祉施設介護員の年収(規模別)

福祉施設介護員の年収は規模が大きくなると若干増えるようです。

10人〜99人の事業所に勤める介護員の年収は328万円、100〜999人規模は354万円、1,000人以上規模は363万円、10人以上規模平均は347万円となっています。

福祉施設介護員の年収(規模別)_r1

令和元年 福祉施設介護員の年収(年齢別・男女別)

介護員の年収は、統計上は年齢が上がってもそれほど変わらないようです。すべての年代で200万円~400万円の年収となっています。

現状、年齢による年収の上昇はあまり見込めませんが、今後は介護業界の売上が上がっていくことが予想されており、将来的に待遇が改善される可能性はあります。

福祉施設介護員の年収(年齢別)_r1

※本統計は、調査の母数が少ないため、必ずしも実態を反映していない可能性があります。

介護福祉士の「給料・年収」の口コミ投稿

  • 給料・年収
    2.50
    給料・年収
    2.50

    介護福祉士 ノアさん

    20歳 女性 経験1年 栃木県

    現職(正社員)


    20歳2年目です。

    月収は19万、手取り17万、年収は約200万です。

    研修や勉強会もあり介護現場に合わせた知識を身につけることができ、介護職が初めての方も安心して仕事につけます。

    昇給もあるので長く働けばお給料も上がります。

  • 給料・年収
    2.50
    給料・年収
    2.50

    介護福祉士 メガネさんさん

    37歳 男性 経験14年9ヶ月 大阪府

    現職(正社員)


    日勤帯と夜勤の業務を7:3ほどの割合で業務しています。

    ・役職:介護主任
    ・年齢:37歳
    ・勤続年数:4年6ヶ月
    ・給料:29万円前後(手取り22万円前後・基本給+資格手当、残業手当など諸手当含む)
    ・ボーナス年2回、昇給年一回(業績によります)

  • 給料・年収
    2.00
    給料・年収
    2.00

    介護職員・看護助手 りんさん

    24歳 女性 経験2年6ヶ月 埼玉県

    退職済み(正社員)


    20代前半で勤続年数は2年半でしたが手取りは20万ちょっとでした。

    賞与も2回あり2ヵ月分頂いていました。

    介護福祉士をもっていると資格手当としてプラスになりもっと手取りが多くもらうことができます。

  • 給料・年収
    1.50
    給料・年収
    1.50

    特別養護老人ホームの介護士 ぱんださん

    21歳 女性 経験1年5ヶ月 北海道

    退職済み(正社員)


    介護福祉士の資格はなかったので21歳、1年半で手取り14万くらいでした。ボーナスは年で4ヶ月分くらいだったはず。

    夏に2ヶ月、冬に2ヶ月でした。

    わたしは実家暮らしだったので平気でしたが、一人暮らしの人はかなりギリギリだったのではないかと思います。

  • 給料・年収
    3.00
    給料・年収
    3.00

    デイケア施設の介護福祉士 ゆゆさん

    30歳 女性 経験5年 北海道

    現職(契約社員)


    一般的な介護職より病院に付随されている施設なので給料はいいと思います。

    常勤(正社員)では手当、退職金、昇給、ボーナスなどしっかり考慮して頂いているので特に不満はありません。

    しかしパートになって交通費がでない部分とボーナスは本当にお小遣いほどが気になります。