ケアマネジャーの志望動機・例文

ケアマネジャーの志望動機

初めてケアマネジャーの試験(介護支援専門員実務研修受講試験)に合格した人と、長年、ケアマネジャーとして働いている人が転職や再就職でケアマネジャーの志望動機を書くというのとでは「志望の動機」は違ってきます。

すでに実績のあるケアマネジャーであれば、その実績を踏まえて次はこういった仕事をしていきたいとか、こういったことに取り組みたいといった内容になると思います。

初めてケアマネジャーの資格を取って就職活動をする人たちは、あくまでも自分がどんな仕事をしていきたいのか抱負を書くとよいでしょう。

たいていは、面接時に履歴書を持って会社に出向くので、人事担当者が履歴書の資格欄や職歴を確認し、ケアマネジャーになりたい理由を聞かれます。

その時に、あまりにも大きな夢や希望を言ってしまったり、自分を大きく見せようとアピールするのではなく、事前にその会社の情報を踏まえた上でケアマネジャーになりた意気込みを伝えるとよいようです。

介護業界は「やる気」が大事なので、どれだけ意欲があるかということは、人柄と同じくらいに重要視されています。

志望動機の例文

介護福祉士が長年、介護業務を経験してきて、ようやくケアマネジャーの資格を取得した場合、ケアマネジャー業務は初めてであっても、すでに長年の介護業務の実績から、福祉・介護の知識、経験があることをアピールします。

志望動機例文

「これまでは介護福祉士として高齢者や障害者と関わってきて、介護保険制度のことや介護サービスについての知識や理解を深めたいと思うようになりました。そして、働きながらケアマネジャーの勉強してまいりました。

ケアマネジャー業務は初めてですが、これまでの仕事で身に付けた責任感や人への思いやり、根気強さ、介護の知識や経験を活かして、また、人として成長しながら信頼されるケアマネジャーになりたいと望んでいます。」

ケアマネジャーになるまでにどんな資格を取り、業務をしてきたのか、過去の経験や所有する資格から自分がどういう仕事をして会社に貢献できるか書くとよいでしょう。

どんな書き方がよいのか、正解はありません。採用担当者にとって、すぐに辞めてしまうような人は雇いたくありあせん。ですので、将来の展望や希望を文章の中に入れることがポイントになります。

仕事体験談